SFC2019_SIN’s blog

2019年1月~3月ANAプラチナSFC修行NRT-SINタッチ5回で達成

SFC(プラチナ)取得後の旅行記(恩恵メリットはいかに?)

SFC(プラチナ)取得後の旅行記(恩恵メリットはいかに?)

格安ツアーにおけるSFCの恩恵(メリット)を検証してみる。

せっかくSFCを取得しても、それだけで満足していては意味がありません。
今後は格安ツアーでもどれだけ恩恵があるのか?そして、やっぱり修行して良かった。と思えるのかを検証していきます。
ただし、50代後半のサラリーマン。そう簡単に海外旅行には行けません。
頑張って、2か月に1回程度。長くても6日程度までの短距離アジアツアーに行ってこようと思います。
格安ツアーですから多くの制限やマイルが積算できない場合があることも、当然承知の上です。
それでも恩恵の可能性を追求していきます。

f:id:SFC2019_SIN:20190720091929p:plain

42番ゲートの近く(出国審査後右へ行ったずーっと奥にある)ラウンジ。空いてました。ただ、ビジネスクラスラウンジでは外は見えません。飛行機を見たいなら52番ゲート奥のラウンジの方がお勧めです。少し混んでいますけどね。

==========================================

SFC取得後に参加したのツアー

  • SFC取得後、5月に大連、7月にシンガポールと格安海外旅行に行って来ました。次回は9月の北京の予定です。
  • 旅行会社も、金額も、行き先も、航空会社も異なります。単純に旅行会社やツアーそのものを評価しているのではありません。(ただし、少しだけの感想は記載します。)
  • あくまで、SFCの恩恵に的を限った特殊な評価ですのでお間違え無きようお願いします。
==========================================

f:id:SFC2019_SIN:20190706145742p:plain

クラブツーリズム(大連)、阪急交通社(シンガポール):最終案内の表紙

==========================================

 2919年1月から約2か月かけて修行した記録は、こちらです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================

SFC取得後、2回の格安ツアーに参加し分かったこと。

  • ANA便指定でない限り、SFCのメリットは半減する。いや、激減する。
  • 座席指定、9月までのプレエコアップグレード、成田のアライバルラウンジ、いずれもANA便に搭乗しなければありえない特典である。
  • マイルの加算やPLT・SFCの受けられるボーナスマイルもANA搭乗のみのメリットである。
  • 3回目のツアーはANA便の北京。今後はより積極的にANA便のみに限定してツアーに参加したい=PLT(SFC)の恩恵はANA便でこそ発揮できるため。
  • SFCの最大のメリット=家族会員かもしれない。PLT+SFCの場合、2人ともラウンジやプライオリティレーンが使える。仮に子供2人ずれでも同様である。ツアーの場合でもほぼ並び席は確保できると思う。(1回目の復路ではプレエコアップ時に分かれてしまったが)1人で修行して、2人で恩恵を受ける。このパターンは最強でしょう。
  • 格安ツアーでは座席指定ができない場合やマイルも付かない場合がある。
    ANAで行った大連は座席指定〇(エコノミー最前列も可能だった)、マイル〇(30%)、プレエコへのアップは往路✖、復路〇でした。
    シンガポール航空で行ったシンガポールは、座席指定✖、マイル✖でした。
  • ビジネスクラススターアライアンスGOLD)カウンター〇、プライオリティレーン〇、GOLD TRACK〇、ラウンジ〇、優先搭乗〇、これらのメリットは共通で受けられる。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720104538p:plain

    42番ゲート側では、ビジネスクラスANAラウンジはエレベーターで2階へ下がります。52番ゲート奥のANAラウンジはエスカレーターで3階に上がります。

     

ツアーとは?

  • お土産屋に何回も連れていかれる。それが当たり前です。旅行先の特産品や名物を見て歩く。ぐらいの気分でお土産屋さんに行けばそんなに気になりません。これは、ツアーの宿命ですからあきらめるしかありません。
  • 座席指定ができない場合が多い。ツアー会社によりますが航空券+ホテルでは可能な場合も多いですが、食事付き+観光付きのツアーではなかなか座席指定ができるツアーは少ないです。
    追加料金で並び席を確保できる場合などでは、座席指定の確率は上がると思いますが、それでも確実に座席指定を明記しているツアーはほとんどありません。
    ANA便、JAL便では24時間や48時間前になると可能というツアー会社もあります。(1回目のクラブツーリズムのように)
  • ホテルの指定ができない。格安では当たり前です。多少金額を追加してアップグレードできるツアーを選択すればある程度は回避できます。
  • フリーな時間が少ない。航空機とホテルのみのツアーもたくさんあります。私は短い日数で効率よく観光するなら、観光付き食事付きツアーの方が良い。と思っています。特に初めて行く場所は。これらは人により好みがありますね。
  • 食事がねえ。これまた気にする人はツアーには向きません。食事の単価を考えれば頑張っていると思います。知らない土地で言葉も通じず、マクドナルドなどのファーストフードやコンビニで食事を済ませたことが何回もあります。それを思えば食事の内容も時間的な効率も妥協範囲だと私は思っています。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720093231p:plain

    ツアー時の食事の例。中華が多く大皿から取り皿に取ることが多いです。なお、朝食はホテルで食べますのでほぼバイキングです。


==========================================

格安ツアーを評価してみる(注意:旅行会社やツアーの単純評価ではありません。)

旅行代金(クラブツーリズムJTB旅物語>阪急交通社)

  • クラブツーリズムの大連(2泊3日、34,800円+燃料チャージ+空港利用税など)
  • 阪急交通社のシンガポール(2泊4日、69,800円+空港利用税など、燃料チャージ込みの料金です。)
  • JTB旅物語の北京(まだ内緒。ANAビジネスクラス指定。)
  • 最もお得感があったのは、クラブツーリズムの大連です。2泊3日全食事付き、全観光付き、もちろん空港への送迎もコミです。しかも5星ホテル(実際は3星程度かな)でした。食事は中華が中心ですが、まあそれなりには美味しかったです。なぜ、この金額でツアーが組めるのかが不思議なくらいの料金でした。
  • JTB旅物語の北京は、まだ行ってないのでわかりませんが、現段階では値段の割にANA指定のビジネスクラスだし、全食事付き、全観光付き、空港送迎付きの割にはお得感があります。
  • 阪急交通社のシンガポールは、ANAプラチナの恩恵はほとんどありませんでした。SFCで受けられる恩恵の優先搭乗とラウンジのみでしょうか。元々シンガポール航空に搭乗してプラチナ(SFC)のメリットを大きく受けようと思うのが大きな間違いです。阪急交通社が悪いのではなくシンガポール航空を選択した私が悪いのです。ANAを選択していれば座席指定もプレエコだって可能だったかもしれません。シンガポールは食事も高いし、オプショナルツアーも劇高です。このツアーでも十分格安なのですがホテルも狭く(新しいホテルでMRT駅まですぐなのは良かったです。)割安感は今一歩でした。それでも他の2社と比較して良いと思って阪急交通社を選択したわけですから、シンガポール自体に割安感がないのでしょうね。きっと。

    f:id:SFC2019_SIN:20190713152729p:plain

    シンガポールのMRTのチケットです。意外と簡単に購入できます。ただし、毎回チャージするのは少しめんどくさいです。6回まで利用できます。MRTの乗り換えも含め簡単にシンガポール内を移動できることが分かったので、次回からは観光なしのツアー、または、自力で航空券とホテルを確保してシンガポールに行こうと思います。


旅行代金の支払い方法(クラブツーリズム>阪急交通社>JTB旅物語)

  • クラブツーリズム(1回のANAカード支払いで完了)
  • 阪急交通社(1回のANAカード支払いで完了と思っていたら追加が発生した。なお金額に間違いはない。2回目ともANAカードで支払い。)
  • JTB旅物語(東京の営業所に行って支払うのならクレジットカード支払いができるが、インターネットからの申し込みでは通常は振り込みしか選択できません。しかし、クレジットカードでJTBトラベルギフトを購入し支払う。という道があったのでそちらで支払いました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720093802p:plain

    格安ツアーでも、綺麗なレストランで食事する場合もあります。


参加人数(クラブツーリズム=阪急交通社、不明=JTB旅物語)
パンフレットなどクラブツーリズム>阪急交通社、不明=JTB旅物語)
  • クラブツーリズム(ツアーバッジ、スーツケース用のネームタグまで送られる。ANAオンラインチェックイン(24時間限定)のお知らせパンフレットが入っている。)
  • 阪急交通社(ツアーバッジ、スーツケース用のネームタグは当日のカウンターで受け取り。)
  • JTB旅物語(まだ不明、最終案内は9月発のためまだ届きません。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190720094044p:plain

    中国ではグーグルやラインが利用できません。特別回線(VPN)なとという名称のWiFiルーターが必要です。Wi-Hoは価格comを経由して4日間で1800円ぐらいで借りました。(保証料込み)4G+1日300Mコースで十分です。それでも私は3割程度の容量しか使いませんでした。


座席指定クラブツーリズム>>阪急交通社、不明=JTB旅物語)
  • クラブツーリズムは、24時間前にオンラインチェックインが可能=座席指定が可能
  • クラブツーリズムで行った大連の場合、復路は何も言わなくてもプレミアムエコノミーにアップされていた。復路も24時間前にオンラインチェックインができました。(中国なのでWiFiルーターVPN仕様が必要)
  • 阪急交通社は、座席指定はできませんでした。シンガポール航空を選択したのですからしょうがありませんね。
  • JTB旅物語も座席指定は最初の案内ではできないようです。
  • 実は奥の手を発見。(したと思います。ネットで見てもその記事はなかったです。)次回9月のANA便北京で試してみます。成功したらお知らせしますね。

    f:id:SFC2019_SIN:20190707172216p:plain

    クラブツーリズムの大連は24時間前になるとオンラインチェックインができるため、スマートフォンにも搭乗券を送れます。


マイルの積算クラブツーリズム>阪急交通社=JTB旅物語)
カウンター(ANAカウンター>シンガポールカウンター、不明=JTB旅物語
  • ANAビジネスクラスカウンター(上級会員のメリットはANAでしか生かせない。例えカウンター勝負で座席指定をする場合でも、有図が効くのはやはりANAでしょ。9月まではプレエコへのアップも期待できます。)
  • シンガポール航空ビジネスクラスカウンター(係員が付いてくれて自動チェックイン機でチェックインをしそうになったが、スターアライアンスGOLD会員であることを告げてビジネスカウンターへ移動。自動チェックイン機では既に座席指定が完了されていた。ビジネスクラスカウンターへ移動後、マイレージ登録を依頼し荷物にプライオリティタグを付けられて完了。座席指定には変化なし。復路もマイレージ番号を登録しておきましたと伝言あり。)また、復路はガイドに連れられて団体カウンターを利用。プライオリティのタグは付けてもらえたがプラチナのメリットは何もなし。
ラウンジ(ANAシンガポール航空不明=JTB旅物語
  • 旅行会社、航空会社による差はなし。入れるラウンジに差はない。
  • 往路:サテライトラウンジ(最も奥の42番付近のANAラウンジ)
    エレベーターで1階下がる。窓なし。外は見えません。私は、51番付近のラウンジの方が好きです。
  • 復路:ターミナル3(クリスフライヤーGOLDラウンジ)
    非常に混んでいた。狭い感があった。ビールはタイガービール?をジョッキに注ぎ飲める。食事はまあまあ。思っていたより今一歩だった。ビジネスクラス用のラウンジならもっと良いのだろうが、混み具合を考慮すればプライオリティパスで入れるラウンジの方が良い。ただし時間帯によって込み具合は変わるだろうが。なお、外は見えませんでした。
  • 成田のアライバルラウンジは、PLTでもSFCでもANA運航便以外では入れません。アライバルラウンジを利用する場合には、ANA>>シンガポール航空です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720094743p:plain

    シンガポールでもWiFiルーターを借りました。また価格com経由の激安Wi-Hoです。4日間で保証料込みで1800円程度です。


機内(ANA>=シンガポール航空
  • 座席は一長一短。甲乙はつけがたい。しかしながら、座席指定まで含めるとANAに軍配が上がる。
  • ANAの良さを再度実感。CAさんの優しさもやっぱりANAが上。
  • シンガポール航空:期待したほどでもなかった。ただし、エコノミーなのに座席への案内があった。グループ3(スタアラGOLD)で搭乗したから?。復路は深夜便のせいか靴下と歯磨きセットのアメニティが配られた。
  • シンガポール航空:もっと日本人のCAを増やしてほしい。往路は見ることもできなかった。復路は割りと近くに1名いました。
  • シンガポール航空は、入国の書類をなかなかくれないので、チャンギ到着1時間ぐらい前になってCAに要求してもらった。ANAは、離陸してしばらくするとだいたいもらえるのに。
  • 座席の評価:ANAシンガポール航空シンガポール航空はほんの少しリクライニングさせても連動して足元が狭くなるタイプ。足が組めなくなります。)
  • シンガポール航空は、エコノミーでもハーゲンダッツがもらえます。
  • カップフォルダ:シンガポール航空ANA(前の座席の背面に独立したカップフォルダがあり便利です。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190706163623p:plain

    座席の背面にカップフォルダがあります。便利です。


  • 日本語の映画対応は、ANAシンガポール航空
    シンガポール航空でもそれなりに充実しているが、やはりANAにはかなわない。新作への対応もANAの方が早い気がする。
  • 好みもあるがヘッドフォンは、シンガポール航空ANA.
    ANA:ヘッドフォン、シンガポール航空:イヤフォンセット(サイズ変更可能)
    せこいながらも持ち帰りOK。(私はもらってきた。たぶん大丈夫だと思う。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190707164009p:plain

    搭乗時、またはCAさんより配られるイヤフォンセットです。


  • 復路のシンガポール航空、斜め前(バシネット席)に0歳児。CAさんは我々より5倍気を使っていた。それはそれで素晴らしい。お蔭であまり騒がなくお利口さんな乳児でした。
  • A380静かです。エンジン音は今までで1番静かかも?のような気がしました。
  • 航空機の航路図(ANAシンガポール航空シンガポール航空は運航画面を変えられませんでした。ANAはいろいろな画面を試せます。

==========================================

旅行リスト(詳細は後半で)

  • 2019年5月17日~19日(2泊3日)クラブツーリズム
    ⇒大連(中国、完了)
    ⇒1週間前には航空券番号を教えてもらえる。
     (この時点で、座席指定済み。最初は33F、33Gだった。)
    ANAの場合24時間前にオンラインチェックインが可能。
    ⇒往路ANA789エコノミー最前列(20K、20J)をオンラインチェックインで確保
    ⇒復路ANA789プレミアムエコノミーへアップグレード(15C、17C)
    ※格安ツアーでも座席指定が可能+Kクラス(30%マイルが貯まりました。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190720095415p:plain

    中国のビール薄すぎです。水みたいに飲めちゃいます。料理はこの後、何種類も出てきます。


  • 2019年7月2日~5日(2泊4日)阪急交通社
    シンガポール(完了)
    シンガポール航空A380(エコノミー、申し込みと同時に便名まで確定)
    ⇒座席指定は不可、当日のカウンターまで分からない。往路は窓側から2座席確保。なお隣もいないため3席を2人で利用できた。復路は、通路側から中央に2席。並び席だが隣もいました。全体的にほぼ満席に\近い感じなのでしょうがないでしょう。ただし、隣はいてもいいけれど日本人にしてほしいな。
    ⇒マイル加算もたぶんダメ?(7/13現在積算なし)ただし、PLT,SFCの登録は可能。よって、搭乗券だけでラウンジには入れました。
    ※申込時から格安ツアーのため、座席指定もマイルもダメと思いながら予約しました。なお、航空機はシンガポール航空A380です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720095712p:plain

    シンガポールでもツアー中は中華が多かったです。ビールはもちろんタイガービールですね。でも高すぎます。大瓶1本S$18(1500円)でした。因みにコンビニでは350mlのタイガービールは250円ぐらいだったかな?忘れたけれど高くはなかったです。


  • 2019年9月○○日~○○日(3泊4日)JTB旅物語
    ⇒北京(予約済み)
    ⇒ANA77W(ビジネス、往復ともに便名まで確定済み)
    ⇒たぶんマイルの積算は可能だと思います。ビジネスで積算されないチケットはないと思います。きっと。
    ⇒座席指定はパンフレット上はできないと明記。
    ビジネスクラスで予約⇒さてファーストクラスに搭乗できるか?
     シンガポール3回目の修行でファーストクラスを味わってしまいましたので、ダメかもと思いながらも再度チャレンジしてしまいました。本当は北京より行きたいところはいっぱいあったのですが、77Wのビジネス→ファーストの夢にはかないませんでした。ツアーですのでカウンター勝負でしょうか?頑張ります。
    ⇒実は座席指定ではもう一つ奥の手を発見。次回で成功したら発表しますね。
  • 11月~1月 ベトナム、マレーシア、タイなどを計画しています。

 

今後の課題

  1. どの旅行会社(航空会社)なら、マイルが付くのか?
  2. どの旅行会社(航空会社)なら、事前に座席指定ができるのか?
  3. 格安旅行でも、ANA搭乗ならプレミアムエコノミーに無料アップできるのか?
  4. 家族会員と一緒の場合(プラチナ+SFC)並び席は確保できるのか?また、2人とも恩恵を受けられるのか?
  5. どのルートなら恩恵を受けやすいのか?または、可能性が高いのか?
  6. 往路の成田or羽田空港へは何時間前に行ったら恩恵を受けやすいのか?
  7. 復路でも恩恵を受けられるのか?
  8. 航空会社による違いはあるのか?
  9. 期待はしないが、インボラアップはあるのか?

無料航空券は本当に取りやすいのか?

  1. ログインなしの状態では?
  2. プラチナでログインした後は?
  3. SFCでログインした後は?(家族会員で)
  4. ANAと他社の違いは?(もちろんスターアライアンス内で)

こんなことを実際に挑戦&実験してみたい。

もちろん、格安ツアーなのでほとんどできないのが当たり前なのかもしれない。
しかし、せっかくのSFC、いろいろ試してみたい。

因みに、ビジネスクラスのカウンター利用、ラウンジの利用、優先搭乗は当たり前にできることなので、それ以外の恩恵を中心に実際どうだったのかを記載してみたい。

f:id:SFC2019_SIN:20190720095122p:plain

42番ゲート側のラウンジの入り口には、スターウォーズ仕様の模型が置いてありました。



==========================================

 格安旅行会社の候補

  1. クラブツーリズム
  2. 阪急交通社
  3. JTB旅物語

まあ、他にもいろいろな旅行会社があるでしょうが、まずこの中なら選んでみようと思います。


私が格安ツアーを選ぶ時の条件は?

  1. ANAが最優先、そして次にスターアライアンスの各航空会社、最後にANAの提携航空会社が確定しているツアーのみしか頼まない。SFCですから当たり前ですね。⇒SFC後2回の旅行が終わって、今後はANA便にしか乗らない。と心に決めました。(ただし金額に負けてしまうかもしれませんが。)
  2. できるだけ割安感のあるツアーを選択してみたい。初めて行く場所では基本的に全観光&全食事付きのパッケージツアーを選びたい。行先によっては多少自由行動があってもよいが、すべて自由行動のツアーは選択しない。
    (航空券とホテルだけなら、ANAの旅作とかツアー以外の選択肢の方がよさそうですので、観光付き、食事付きのパッケージツアーに絞っての選択です。)
    ⇒ソウル(10回以上行ってます。)とシンガポール(今回の旅行で判明)は、地下鉄でどこでも行けそうなので今後はフリーで行くと思います。
  3. インターネットで申し込みができて、ANAカード支払いが大原則。
  4. 長期の休みはなかなか取得できないので、2泊3日~4泊5日程度まで。ということは、どうしてもアジアが多くなるかな。最大でも6日間までのツアーとする。
  5. 羽田よりは成田を優先。私の環境では成田の方が行きやすい。羽田発を選択すると、深夜発とか夜遅くに羽田着のツアーが多いことも理由。
    成田発のツアーは比較的午前~午後の早い時間発で帰りも夕方までには帰ってこれる場合が多い。
  6. 旅行先は基本的にお勧めの季節に行く。お勧めではない雨季などには行かない。
    (トラベルコなどでベストシーズンを教えてくれてます。)
  7. 各旅行会社を調べて、お得と思うツアーにしか行かない。結局は、安いツアーにしか行かないってこと。

調べていくと、JTB旅物語は、東京の営業所に行って支払うのならクレジットカード支払いができるが、インターネットからの申し込みでは料金は振り込みです。
これでは、旅行代金分にマイルが付きません。
私は問題ないですが、カードに付帯している保険が、利用が条件になっている場合などでは頼みずらいですね。まあ、羽田や成田までJRでも高速バスでもカードで支払えばこの問題は解決なのですが、そもそも旅行代金がカードで支払えない。これだけで、面倒ですし一歩引いてしまいます。私は。


JTB旅物語でもクレジットカード支払いができる方法があります。
JTBトラベルギフトカードをクレジットカードで購入し支払うことができます。
電話で利用するカード番号と有効期限、PIN番号を伝えれば決済できます。
なお、再チャージはできない。1円単位で利用できる。ただし、1回540円の手数料というか送料が必要。なお、ツアーキャンセルの場合にはトラベルギフトに再チャージされるようです。
3回目の北京ツアー用としてトラベルギフトカードを20万円分購入しました。なお、1回あたり10万円までしか購入できません。(下記はその1回分です。ビジネスクラスのツアーなのでそれなりにはしました。因みに2人分です。)

 

f:id:SFC2019_SIN:20190606182116p:plain

10万円分クレジットカードで購入(540円手数料?送料が必要)

==========================================

さて、ここからが旅行記の詳細版です。

 

SFC達成後の第1回目は、5月17日~19日(2泊3日)クラブツーリズムさんで大連(中国)へ格安旅行に行ってきました。

f:id:SFC2019_SIN:20190520191612p:plain

1週間前に送られてきた最終のご案内です。

 

第1回目のツアーの航空券

f:id:SFC2019_SIN:20190521174310p:plain

往路は残念ながらプレエコには座れませんでした。でもエコノミー最前列を並び席でゲットできました。

f:id:SFC2019_SIN:20190520191258p:plain

復路はプレエコゲットです。しかもチェックイン時には自動でアップされていました。ただし連れとは離れてしまいました。
  1. 第1回目の旅行会社はクラブツーリズムさんです。料金は激安の34800円で、ANA指定、便名指定、全食事+全観光つきのツアーです。
  2. 4月1日にネットで申し込みを行いました。なお、催行が決定している日付を選択し、かつ、申し込みが可能な日程を選択したので、申し込みと同時に日程も確定です。ANA限定で、成田発の時間も成田へ到着する時間も確定しているものを選びました。
  3. 数日後にご旅行のパンフレットと申込用紙が届きました。因みに申込書にマイレージカードの入力欄はありませんでした。
  4. 旅行のパンフレットには、ANAの場合24時間前からインターネットチェックインサービスが利用でき、座席指定ができるとのこと。出発1週間前に届く「最終案内、旅のしおり」に詳細が記載してあるとのこと。(私は待ちきれないのでネットで調べたら、簡単に詳細が掴めました。)
  5. 4月12日、1週間前に「最終案内」が届きました。翌日クラブツーリズムに電話して13桁の航空券番号をゲット。ただし、電話でも聞いたのですが24時間前にならないと座席指定はできないそうです。
  6. しかし、本当か?ANAにログインして航空券番号を入れてみました。
  7. f:id:SFC2019_SIN:20190511172821p:plain

    やはり格安ツアーでは、24時間前まで待つしかないようです。
  8. しかし、閲覧だけとはいってもeチケットお客様控えもゲットでき、航空券の券種も分かりました。エコノミーのKクラス。見事格安ツアーでも30%マイルが付きます。良かった。しかも同行者とは最初から並び席が確保されていました。窓際ではないけれど。

    f:id:SFC2019_SIN:20190511173914p:plain

    ANAのHP、Kクラスでも30%マイルが付きます。
  9. そして、エコノミーの高額なチケットで座席が空いているかどうかANAのHPでチェックすると、見事にプレミアムエコノミーの3列がすべて空いていました。24時間前、最悪でも成田のカウンターで勝負ができるか?楽しみです。
  10. 前日の24時間前、往路(20K、20J)エコノミー最前列を指定できました。
    この時点で、15~17列のプレエコ席の指定は、できませんでした。
    PLT事前サービス+SFCのせいなのか、券種があまりにも低いため(K)なのかはわかりません。(24時間前のオンラインチェックインで33F、33Gからの変更できました。)
  11. 往路、成田の空港ではプレエコにアップしてくれませんでした。
    出発まで2時間以上あったのに残念。カウンターの人によるのか?この時は男性でした。(次回からは、自分からプレエコにアップできますかと遠慮せずに聞こうと思います。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190520191850p:plain

    初めてのプライオリティレーンを通りました。前に1名いただけ。荷物検査後、Zカウンターの人と一緒にスリガラスから通路に出ます。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192154p:plain

    ラウンジでは、いつもの席で。今日はとんこつラーメンもいただきました。


  12. 航空機は789。プレエコは3列。乗ったらプレエコ空いてましたけど・・・
    ただし、1人+ブロック+1人、のように座っていました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192331p:plain

    20J席、エコノミー最前列です。3人シートは狭いながらも快適です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192656p:plain

    エコノミーでも、おいしくいただきました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194630p:plain

    エコノミー席のディスプレイです。


  13. 大連到着、本日のホテルはなんと5つ星だって。34800円のツアーですよ。
    実際は、3星程度としても超お得でした。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520195543p:plain

    14階のツイン、十分です。バスルームには単独のシャワー室までありました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190521173807p:plain

    単独でシャワーブースもありました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190521173915p:plain

    バスタブも別にあります。


  14. 3日間、同じガイドさん、同じバスで移動でした。
    ガイドさんが変わらないのがいいですね。
  15. 復路の前日、ツアー中のバスの中でオンラインチェックイン。
    このために用意したVPN機能付きWiFiルーターの出番です。
    55F,55Gから23B,23Cに変更しました。残念ながらこの時点も15~17列のプレエコは選択できませんでした。
  16. 復路当日、空港に着く前にオンラインチェックインした座席から(15C、17C)のプレミアムエコノミーに自動でアップされていました。
    実はツアーで一緒だったPLTの方に、ツアー中に教えてもらいました。
    慌ててANAで確認してみると、自動でプレエコに変更済み。やった!という反面連れとは別々。まあいいか。
  17. 大連のカウンターでも、別々の座席ですと説明があったが、変更の希望は聞かれずそのまま。まあいいか?

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193251p:plain

    ファーストクラスラウンジの入り口です。


    f:id:SFC2019_SIN:20190520193030p:plain

    ファーストクラスラウンジ。カップラーメンしかないなどの記事もあったが、それなりに充実していた。黒ビールがおいしかった。


  18. 搭乗後、連れと話して席に戻ったら17Aの男性の方が席を変わりましょうか、と向こうから提案してくれました。感謝、感謝です。17Aと15Cの交換成立です。
    おかげで連れと並び座席になりました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192910p:plain

    復路はスターウォーズ仕様です。


  19. 実は、プレエコの座席の良さに初めて感激しました。17Cで。
    今までNRT-SINで体験したプレエコはすべてプレエコ最前列でした。
    いやいや、最前列でなくてもプレエコはプレエコです。
    座席の幅も広いし、前の座席との間隔もそれなりに十分です。
    往路がエコノミーだったので、余計に良さが分かりました。
    何といっても、3列目はTVが常時みられるし、前の座席のポケットに手が届くので小さなものを入れるのに非常に便利でした。
    寝るのには、足が延ばせるプレエコ最前列の方が良いですが、短距離便ならこのほうが良いかも。映画も最後まで見られる可能性が高いです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193422p:plain

    ぱっやりプレエコはいいですね。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193538p:plain

    復路の食事もおいしかったです。流石ANAです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193639p:plain

    R2-D2スターウォーズ仕様は、紙コップまでスターウォーズです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193904p:plain

    搭乗の記念に、絵はがきとカードを貰いました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194812p:plain

    復路の画面、指でチョイチョイ、こんな画面にも変更できます。


  20. 15名の激安ツアーなのにPLT3名が判明。復路では4名がプレエコ。1名のグループはプレエコ並び席にできなかったためなのかエコノミーの並び席を選択したようです。
  21. 成田に着いて終わりかと思いきや、6名がアライバルラウンジで再会。再度盛り上がりました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194053p:plain

    アライバルラウンジは、ガラガラでした。日曜日の18時ごろです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194231p:plain

    反対側もガラガラ

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194408p:plain

    もちろんお目当ての、いっぷく場もあります。

【第1回目のまとめ】

  • ツアー料金34800円+空港利用税+燃料費などで、合計1名42910円の2泊3日、全食事つき、全観光付きの大連ツアーです。正直どうしてこの金額でツアーが成り立つのか不思議なくらい安いツアーです。
  • 格安ツアーでもプレエコにアップできることを確認しました。
  • クラブツーリズムさんは、ANAの場合では事前に券種も航空券番号も分かります。24時間前からならオンラインチェックインも可能で、希望の座席指定も可能です。これは格安ツアーでは非常にうれしいですね。SFCの恩恵が発揮できます。
  • 今回は往路オンラインチェックインでは、プレエコは選べませんので当日のカウンター勝負になります。
  • 往路はエコノミー最前列を並び席でゲット。これでも嬉しいが、次回はカウンターでプレエコの座席希望してみます。
  • 復路は空港到着前にすでにプレエコにアップ済みでした。スマホでチェック。しかし、連れとは離れてしまいました。(2人ともプレエコですが)空港でもそのままでしたので、まあしょうがないです。結果は、席を代わってくれると申し出てくれる方がいて実際には並び席でしたが。
  • 格安ツアーでもホテルは結構よかったです。朝のバイキングも上々です。ただし、あまりにも上のレベルと比較してはダメなのは当たりまえです。
  • ツアー中の食事は中華が多かったですがまあまあ良かったです。ただし、円卓でそれぞれ食材を取り分けなければなりません。私は気にしないので全然OKですが、個別食を求める場合は中国のツアーは難しいかもしれません。
  • お土産屋に3か所寄りましたが、しょうがないです。これがツアーです。安いのには理由があります。買う気はなかったのですが、それなりに買ってしまいました。
  • ガイドさんも良かったです。一緒に行動した15名も良かった方でしょう。何よりツアー中のトラブルは皆無でした。わりと和気あいあい過ごせました。
  • 激安ツアーでも、楽しく、思い出に残るツアーでした。クラブツーリズム恐るべし。激安でもなかなか良かったです。
  • 次回は阪急交通社のトラピックスでシンガポールへ行きますが、またクラブツーリズムさんでも頼みたいと思わせてくれたツアーでした。

f:id:SFC2019_SIN:20190615124818p:plain

PLT+ANA SFC GoldCardでの加算マイル

f:id:SFC2019_SIN:20190615124946p:plain

ANA SFC GoldCardでの加算マイル

==========================================

==========================================

SFC後、第2回目のツアー

f:id:SFC2019_SIN:20190706160430p:plain

SFC後、2回目は再度シンガポールへ行きました。今回は、阪急交通社さんのツアーです。
  1. 2回目は阪急交通社さんで、2泊4日シンガポールへの格安ツアーです。
    阪急交通社さんのツアーでも、食事付きや観光付きなど他にも選択肢がありましたが、頼むときにはすでに満席になっていて、このコースに頼みました。
  2. シンガポールは、LCCを含めればとんでもなく安い料金から、ビジネス+マリーナベイサンズで30万円オーバーなんて言うのもありますので、予算によって中身も大きく異なります。(もちろん私は格安旅行にしか行けません。)
  3. f:id:SFC2019_SIN:20190706160908p:plain

    ツアーカウンターでもらったEチケット控えです。クラスは?マイル付くかな?ダメそうでした。
  4. f:id:SFC2019_SIN:20190706160719p:plain

    往路は3座席を2名で利用できました。ラッキー
  5. f:id:SFC2019_SIN:20190706161100p:plain

    サテライトのANAラウンジ。窓はないけれど空いていました。
  6. f:id:SFC2019_SIN:20190706161145p:plain

    素晴らしい喫煙所も完備です。
  7. f:id:SFC2019_SIN:20190706161605p:plain

    サテライトでも、そば等のサービスがあります。
  8. f:id:SFC2019_SIN:20190706161246p:plain

    46番搭乗口。遠いです。
  9. f:id:SFC2019_SIN:20190706161411p:plain

    チャンギ到着時のA380.でかいです。
  10. f:id:SFC2019_SIN:20190706161920p:plain

    足元はこんな感じ
  11. f:id:SFC2019_SIN:20190706161951p:plain

    リクライニングをしなけれrば、足は組めます。リクライニングは座面も連動して動くので、少し倒しただけでも足元が狭くなり足を組めません。
  12. f:id:SFC2019_SIN:20190706162303p:plain

    少しだけですが窓が遠いです。窓の厚さはかなりのものです。遮音性が良いのはこのせい?
  13. f:id:SFC2019_SIN:20190720100205p:plain

    シンガポールへの入国審査は混んでいました。結構時間がかかりました。因みに入国時は両手の親指の指紋を取られますが、出国時の自動ゲートは右手の親指1本でした。両手で行っていたらなかなかゲートが空きませんでした。最初に教えてくれー。
  14. f:id:SFC2019_SIN:20190706162924p:plain

    復路のみ:深夜便のためか靴下・歯磨きセットが配られました。
  15. f:id:SFC2019_SIN:20190706163301p:plain

    シンガポール航空は、熱々のおしぼりサービスがあります。これは嬉しいです。
  16. f:id:SFC2019_SIN:20190706163426p:plain

    深夜便でも、軽食と朝食がでます。まあ、軽食はおまけみたいなものですが。無いよりははるかに良いです。
  17. f:id:SFC2019_SIN:20190706163623p:plain

    タイガービールが飲めるのも、シンガポール航空ならではです。
  18. f:id:SFC2019_SIN:20190706163721p:plain

    往路のチキン
  19. f:id:SFC2019_SIN:20190706164613p:plain

    往路の和食
  20. f:id:SFC2019_SIN:20190706163752p:plain

    エコノミーでも、ハーゲンダッツがいただけます。
  21. f:id:SFC2019_SIN:20190706163831p:plain

    操作はできませんが、航路図?も見ることができます。
  22. f:id:SFC2019_SIN:20190710164827p:plain

    シンガポールはタバコ1本から課税です。私は入国前に税関によってS$18.75を支払いました。meviwsという銘柄まで登録するようです。
  23. f:id:SFC2019_SIN:20190706164008p:plain

    チャンギ到着後、T3にしかないバタフライガーデンへ行って来ました。昼間の様子は到着時に行かないと見れないので。
  24. f:id:SFC2019_SIN:20190713160430p:plain

    ホテルはBOSSホテルでした。写真は1Fのホーカーズ。隣にコンビニもあります。この奥に喫煙所があります。MRTラベンダー駅まで300m程度。雨でも濡れずに行けます。部屋は狭かったけれど場所は非常に便利な場所でした。
  25. f:id:SFC2019_SIN:20190713160953p:plain

    BOSSホテルの朝食。激安ツアーでもそこそこはありました。
  26. f:id:SFC2019_SIN:20190713161135p:plain

    ホテルの朝食会場。外側に喫煙所があります。
  27. f:id:SFC2019_SIN:20190713161633p:plain

    お決まりのポーズです。腹が出ているって?気にしない。気にしない。
  28. f:id:SFC2019_SIN:20190713161903p:plain

    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには、昼と夜2回行きました。
  29. f:id:SFC2019_SIN:20190713162204p:plain

    マリーナベイサンズの屋上。向こう岸の正面がマーライオンです。夜にはMRTに乗ってSPECTRAのショーを見に再度来ました。
  30. f:id:SFC2019_SIN:20190713163010p:plain

    SPECTRAのショーは、前日の夜、対岸でも見ました。
  31. f:id:SFC2019_SIN:20190713162637p:plain

    クラークキーで、サテーとビールで乾杯です。この後暗くなってきます。
  32. f:id:SFC2019_SIN:20190713163349p:plain

    ジョホールバルの国境は渋滞です。でも平日だったので渋滞は30分ぐらいでした。土日はツアー自体が渋滞のため開催されないらしいです。良かった平日で。もちろん車から降りてシンガポールを出国し、また車に乗って橋を渡り、再度車を降りてマレーシアに入国。そして車にまた乗って観光という順番です。なお、国境やイミグレなどは写真撮影禁止でした。
  33. f:id:SFC2019_SIN:20190713163945p:plain

    ジョホールバルのモスク。お祈りをしている人がいました。因みにマレーシアではすべての場所で喫煙OK。灰皿はどこでもだって。本当かどうか知らないがマナーを守って喫煙しましたよ。道などで。
  34. f:id:SFC2019_SIN:20190713165411p:plain

    んー。マレーシアです。
  35. f:id:SFC2019_SIN:20190713165600p:plain

    シンガポールに戻り、オーチャードロードを個人で散策しました。
  36. f:id:SFC2019_SIN:20190713165956p:plain

    帰国のホテル集合の75分前までマリーナベイサンズにいました。ガーデンズバイザベイの夜のショー見て、ホテルの6階の外からSPECTRAを見て、MRTで速攻集合場所のホテルまで帰りました。ホテルには集合時間の30分以上前に到着。MRT早くて便利です。
  37. 写真ないけれど、マリーナベイサンズ内は迷路です。ガーデンズバイザベイまでは、いったん外に出てエレベーターで6回に。再度ホテル内を通って行かないとガーデンズバイザベイにはいけません。因みにTWGのお店もホテル内にあります。ここで買ったらチャンギ空港で税金の還付を受けましょう。そうすると空港で購入した金額と同じになります。
  38. f:id:SFC2019_SIN:20190706164216p:plain

    復路の軽食:これはツナサンド
  39. f:id:SFC2019_SIN:20190706164250p:plain

    復路の軽食:これはチキン???(もちりんチキンかツナのどちらか一方のみです。)
  40. f:id:SFC2019_SIN:20190706164410p:plain

    復路の朝食
  41. f:id:SFC2019_SIN:20190706164448p:plain

    復路の朝食(和食)醤油が欲しかったって(連れよりの伝言)
  42. f:id:SFC2019_SIN:20190706172204p:plain

    復路の航空券:満席で中央通路側から2席でした。
  43. f:id:SFC2019_SIN:20190713170907p:plain

    復路は通路から中央側へ2座席です。満席で写真はほとんどとれませんでした。寝ていたし。
  44. f:id:SFC2019_SIN:20190706172320p:plain

    修行と異なり今回はシンガポール入国+ジョホールバル(マレーシア)にも行って来ました。

==========================================

==========================================

3回目の北京旅行は、まだ未実施です。

==========================================

-格安ツアーでどれだけ恩恵を受けられるかが今後のカギとなります。
-マイルが付かない、付いた、どの旅行会社の何というツアーで・・・
-また、その時の申請方法の違いや座席指定の違い、当日のカウンターでの戦いなども合わせて紹介していく予定です。

その次の予定は9月の北京、JTB旅物語さんです。
77W運航のビジネスクラスで再度ファーストクラス席(修行中NRT-SINで1回乗れました。)に搭乗できるかを期待してこのツアーにしました。
ビジネスクラスのチケットでファーストクラス席へ搭乗できるチャンスがあるのは多分この路線のみです。カウンター勝負かな?単純にファーストクラス席をPLT+ビジネスのツアーでも確保できるかを試したくてこのツアーに申し込みしました。)

また、10月には無料航空券で韓国。11月~1月には、タイ、マレーシア、ベトナムなどを検討中です。

サラリーマンでそんなに休み取れるの?

だから、短い旅行なのです。子供(成人してます)もそんなに長い期間ほっとけないし。

ただ、休みの希望は自分で出して自分で許可する環境ですので、それなりに無理は効きます。その分、仕事は頑張り+他はほとんど休みません。

 

誰か教えてくれないかな?
格安ツアーでもマイルが付く旅行会社や、事前に座席指定が可能な格安ツアーを・・・調べても出てきませんので、私がやりますってか?

==========================================

 

f:id:SFC2019_SIN:20190417170359p:plain

プラチナカードが活躍できるかを試してみます。

f:id:SFC2019_SIN:20190415224927p:plain

デジタルカードの活用も試してみます。

==========================================

 2919年1月から約2か月かけて修行した記録は、こちらです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================

jijiのブログへようこそ
お問い合わせは下記のメールアドレスへお願いします。
2019sfc.nrt.sin@gmail.com

真面目なお問い合わせ&このHPにふさわしい内容のみ返事します。
また、内容によってはこのページに問い合わせ内容を記載します。
了承する方のみお問い合わせください。
なお、当然問い合わせいただいたメールアドレスは公開しません。
問い合わせ件数が読めません。返事は遅くなることがあります。
ご了承願います。