SFC2019_SIN’s blog

2019年1月~3月ANAプラチナSFC修行NRT-SINタッチ5回で達成

SFC(プラチナ)取得後の旅行記(恩恵メリットはいかに?)

SFC(プラチナ)取得後の旅行記(恩恵メリットはいかに?)

格安ツアーにおけるSFCの恩恵(メリット)を検証してみる。

せっかくSFCを取得しても、それだけで満足していては意味がありません。
今後は格安ツアーでもどれだけ恩恵があるのか?そして、やっぱり修行して良かった。と思えるのかを検証していきます。
ただし、50代後半のサラリーマン。そう簡単に海外旅行には行けません。
頑張って、2か月に1回程度。長くても6日程度までの短距離アジアツアーに行ってこようと思います。
格安ツアーですから多くの制限やマイルが積算できない場合があることも、当然承知の上です。
それでも恩恵の可能性を追求していきます。

f:id:SFC2019_SIN:20190720091929p:plain

42番ゲートの近く(出国審査後右へ行ったずーっと奥にある)ラウンジ。空いてました。ただ、ビジネスクラスラウンジでは外は見えません。飛行機を見たいなら52番ゲート奥のラウンジの方がお勧めです。少し混んでいますけどね。

==========================================

SFC取得後に参加したのツアー

  • SFC取得後、5月に大連、7月にシンガポールと格安海外旅行に行って来ました。次回は9月の北京の予定です。
  • 旅行会社も、金額も、行き先も、航空会社も異なります。単純に旅行会社やツアーそのものを評価しているのではありません。(ただし、少しだけの感想は記載します。)
  • あくまで、SFCの恩恵に的を限った特殊な評価ですのでお間違え無きようお願いします。
==========================================

f:id:SFC2019_SIN:20190706145742p:plain

クラブツーリズム(大連)、阪急交通社(シンガポール):最終案内の表紙

==========================================

 2919年1月から約2か月かけて修行した記録は、こちらです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================

SFC取得後、2回の格安ツアーに参加し分かったこと。

  • ANA便指定でない限り、SFCのメリットは半減する。いや、激減する。
  • 座席指定、9月までのプレエコアップグレード、成田のアライバルラウンジ、いずれもANA便に搭乗しなければありえない特典である。
  • マイルの加算やPLT・SFCの受けられるボーナスマイルもANA搭乗のみのメリットである。
  • 3回目のツアーはANA便の北京。今後はより積極的にANA便のみに限定してツアーに参加したい=PLT(SFC)の恩恵はANA便でこそ発揮できるため。
  • SFCの最大のメリット=家族会員かもしれない。PLT+SFCの場合、2人ともラウンジやプライオリティレーンが使える。仮に子供2人ずれでも同様である。ツアーの場合でもほぼ並び席は確保できると思う。(1回目の復路ではプレエコアップ時に分かれてしまったが)1人で修行して、2人で恩恵を受ける。このパターンは最強でしょう。
  • 格安ツアーでは座席指定ができない場合やマイルも付かない場合がある。
    ANAで行った大連は座席指定〇(エコノミー最前列も可能だった)、マイル〇(30%)、プレエコへのアップは往路✖、復路〇でした。
    シンガポール航空で行ったシンガポールは、座席指定✖、マイル✖でした。
  • ビジネスクラススターアライアンスGOLD)カウンター〇、プライオリティレーン〇、GOLD TRACK〇、ラウンジ〇、優先搭乗〇、これらのメリットは共通で受けられる。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720104538p:plain

    42番ゲート側では、ビジネスクラスANAラウンジはエレベーターで2階へ下がります。52番ゲート奥のANAラウンジはエスカレーターで3階に上がります。

     

ツアーとは?

  • お土産屋に何回も連れていかれる。それが当たり前です。旅行先の特産品や名物を見て歩く。ぐらいの気分でお土産屋さんに行けばそんなに気になりません。これは、ツアーの宿命ですからあきらめるしかありません。
  • 座席指定ができない場合が多い。ツアー会社によりますが航空券+ホテルでは可能な場合も多いですが、食事付き+観光付きのツアーではなかなか座席指定ができるツアーは少ないです。
    追加料金で並び席を確保できる場合などでは、座席指定の確率は上がると思いますが、それでも確実に座席指定を明記しているツアーはほとんどありません。
    ANA便、JAL便では24時間や48時間前になると可能というツアー会社もあります。(1回目のクラブツーリズムのように)
  • ホテルの指定ができない。格安では当たり前です。多少金額を追加してアップグレードできるツアーを選択すればある程度は回避できます。
  • フリーな時間が少ない。航空機とホテルのみのツアーもたくさんあります。私は短い日数で効率よく観光するなら、観光付き食事付きツアーの方が良い。と思っています。特に初めて行く場所は。これらは人により好みがありますね。
  • 食事がねえ。これまた気にする人はツアーには向きません。食事の単価を考えれば頑張っていると思います。知らない土地で言葉も通じず、マクドナルドなどのファーストフードやコンビニで食事を済ませたことが何回もあります。それを思えば食事の内容も時間的な効率も妥協範囲だと私は思っています。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720093231p:plain

    ツアー時の食事の例。中華が多く大皿から取り皿に取ることが多いです。なお、朝食はホテルで食べますのでほぼバイキングです。


==========================================

格安ツアーを評価してみる(注意:旅行会社やツアーの単純評価ではありません。)

旅行代金(クラブツーリズムJTB旅物語>阪急交通社)

  • クラブツーリズムの大連(2泊3日、34,800円+燃料チャージ+空港利用税など)
  • 阪急交通社のシンガポール(2泊4日、69,800円+空港利用税など、燃料チャージ込みの料金です。)
  • JTB旅物語の北京(まだ内緒。ANAビジネスクラス指定。)
  • 最もお得感があったのは、クラブツーリズムの大連です。2泊3日全食事付き、全観光付き、もちろん空港への送迎もコミです。しかも5星ホテル(実際は3星程度かな)でした。食事は中華が中心ですが、まあそれなりには美味しかったです。なぜ、この金額でツアーが組めるのかが不思議なくらいの料金でした。
  • JTB旅物語の北京は、まだ行ってないのでわかりませんが、現段階では値段の割にANA指定のビジネスクラスだし、全食事付き、全観光付き、空港送迎付きの割にはお得感があります。
  • 阪急交通社のシンガポールは、ANAプラチナの恩恵はほとんどありませんでした。SFCで受けられる恩恵の優先搭乗とラウンジのみでしょうか。元々シンガポール航空に搭乗してプラチナ(SFC)のメリットを大きく受けようと思うのが大きな間違いです。阪急交通社が悪いのではなくシンガポール航空を選択した私が悪いのです。ANAを選択していれば座席指定もプレエコだって可能だったかもしれません。シンガポールは食事も高いし、オプショナルツアーも劇高です。このツアーでも十分格安なのですがホテルも狭く(新しいホテルでMRT駅まですぐなのは良かったです。)割安感は今一歩でした。それでも他の2社と比較して良いと思って阪急交通社を選択したわけですから、シンガポール自体に割安感がないのでしょうね。きっと。

    f:id:SFC2019_SIN:20190713152729p:plain

    シンガポールのMRTのチケットです。意外と簡単に購入できます。ただし、毎回チャージするのは少しめんどくさいです。6回まで利用できます。MRTの乗り換えも含め簡単にシンガポール内を移動できることが分かったので、次回からは観光なしのツアー、または、自力で航空券とホテルを確保してシンガポールに行こうと思います。


旅行代金の支払い方法(クラブツーリズム>阪急交通社>JTB旅物語)

  • クラブツーリズム(1回のANAカード支払いで完了)
  • 阪急交通社(1回のANAカード支払いで完了と思っていたら追加が発生した。なお金額に間違いはない。2回目ともANAカードで支払い。)
  • JTB旅物語(東京の営業所に行って支払うのならクレジットカード支払いができるが、インターネットからの申し込みでは通常は振り込みしか選択できません。しかし、クレジットカードでJTBトラベルギフトを購入し支払う。という道があったのでそちらで支払いました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720093802p:plain

    格安ツアーでも、綺麗なレストランで食事する場合もあります。


参加人数(クラブツーリズム=阪急交通社、不明=JTB旅物語)
パンフレットなどクラブツーリズム>阪急交通社、不明=JTB旅物語)
  • クラブツーリズム(ツアーバッジ、スーツケース用のネームタグまで送られる。ANAオンラインチェックイン(24時間限定)のお知らせパンフレットが入っている。)
  • 阪急交通社(ツアーバッジ、スーツケース用のネームタグは当日のカウンターで受け取り。)
  • JTB旅物語(まだ不明、最終案内は9月発のためまだ届きません。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190720094044p:plain

    中国ではグーグルやラインが利用できません。特別回線(VPN)なとという名称のWiFiルーターが必要です。Wi-Hoは価格comを経由して4日間で1800円ぐらいで借りました。(保証料込み)4G+1日300Mコースで十分です。それでも私は3割程度の容量しか使いませんでした。


座席指定クラブツーリズム>>阪急交通社、不明=JTB旅物語)
  • クラブツーリズムは、24時間前にオンラインチェックインが可能=座席指定が可能
  • クラブツーリズムで行った大連の場合、復路は何も言わなくてもプレミアムエコノミーにアップされていた。復路も24時間前にオンラインチェックインができました。(中国なのでWiFiルーターVPN仕様が必要)
  • 阪急交通社は、座席指定はできませんでした。シンガポール航空を選択したのですからしょうがありませんね。
  • JTB旅物語も座席指定は最初の案内ではできないようです。
  • 実は奥の手を発見。(したと思います。ネットで見てもその記事はなかったです。)次回9月のANA便北京で試してみます。成功したらお知らせしますね。

    f:id:SFC2019_SIN:20190707172216p:plain

    クラブツーリズムの大連は24時間前になるとオンラインチェックインができるため、スマートフォンにも搭乗券を送れます。


マイルの積算クラブツーリズム>阪急交通社=JTB旅物語)
カウンター(ANAカウンター>シンガポールカウンター、不明=JTB旅物語
  • ANAビジネスクラスカウンター(上級会員のメリットはANAでしか生かせない。例えカウンター勝負で座席指定をする場合でも、有図が効くのはやはりANAでしょ。9月まではプレエコへのアップも期待できます。)
  • シンガポール航空ビジネスクラスカウンター(係員が付いてくれて自動チェックイン機でチェックインをしそうになったが、スターアライアンスGOLD会員であることを告げてビジネスカウンターへ移動。自動チェックイン機では既に座席指定が完了されていた。ビジネスクラスカウンターへ移動後、マイレージ登録を依頼し荷物にプライオリティタグを付けられて完了。座席指定には変化なし。復路もマイレージ番号を登録しておきましたと伝言あり。)また、復路はガイドに連れられて団体カウンターを利用。プライオリティのタグは付けてもらえたがプラチナのメリットは何もなし。
ラウンジ(ANAシンガポール航空不明=JTB旅物語
  • 旅行会社、航空会社による差はなし。入れるラウンジに差はない。
  • 往路:サテライトラウンジ(最も奥の42番付近のANAラウンジ)
    エレベーターで1階下がる。窓なし。外は見えません。私は、51番付近のラウンジの方が好きです。
  • 復路:ターミナル3(クリスフライヤーGOLDラウンジ)
    非常に混んでいた。狭い感があった。ビールはタイガービール?をジョッキに注ぎ飲める。食事はまあまあ。思っていたより今一歩だった。ビジネスクラス用のラウンジならもっと良いのだろうが、混み具合を考慮すればプライオリティパスで入れるラウンジの方が良い。ただし時間帯によって込み具合は変わるだろうが。なお、外は見えませんでした。
  • 成田のアライバルラウンジは、PLTでもSFCでもANA運航便以外では入れません。アライバルラウンジを利用する場合には、ANA>>シンガポール航空です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720094743p:plain

    シンガポールでもWiFiルーターを借りました。また価格com経由の激安Wi-Hoです。4日間で保証料込みで1800円程度です。


機内(ANA>=シンガポール航空
  • 座席は一長一短。甲乙はつけがたい。しかしながら、座席指定まで含めるとANAに軍配が上がる。
  • ANAの良さを再度実感。CAさんの優しさもやっぱりANAが上。
  • シンガポール航空:期待したほどでもなかった。ただし、エコノミーなのに座席への案内があった。グループ3(スタアラGOLD)で搭乗したから?。復路は深夜便のせいか靴下と歯磨きセットのアメニティが配られた。
  • シンガポール航空:もっと日本人のCAを増やしてほしい。往路は見ることもできなかった。復路は割りと近くに1名いました。
  • シンガポール航空は、入国の書類をなかなかくれないので、チャンギ到着1時間ぐらい前になってCAに要求してもらった。ANAは、離陸してしばらくするとだいたいもらえるのに。
  • 座席の評価:ANAシンガポール航空シンガポール航空はほんの少しリクライニングさせても連動して足元が狭くなるタイプ。足が組めなくなります。)
  • シンガポール航空は、エコノミーでもハーゲンダッツがもらえます。
  • カップフォルダ:シンガポール航空ANA(前の座席の背面に独立したカップフォルダがあり便利です。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190706163623p:plain

    座席の背面にカップフォルダがあります。便利です。


  • 日本語の映画対応は、ANAシンガポール航空
    シンガポール航空でもそれなりに充実しているが、やはりANAにはかなわない。新作への対応もANAの方が早い気がする。
  • 好みもあるがヘッドフォンは、シンガポール航空ANA.
    ANA:ヘッドフォン、シンガポール航空:イヤフォンセット(サイズ変更可能)
    せこいながらも持ち帰りOK。(私はもらってきた。たぶん大丈夫だと思う。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190707164009p:plain

    搭乗時、またはCAさんより配られるイヤフォンセットです。


  • 復路のシンガポール航空、斜め前(バシネット席)に0歳児。CAさんは我々より5倍気を使っていた。それはそれで素晴らしい。お蔭であまり騒がなくお利口さんな乳児でした。
  • A380静かです。エンジン音は今までで1番静かかも?のような気がしました。
  • 航空機の航路図(ANAシンガポール航空シンガポール航空は運航画面を変えられませんでした。ANAはいろいろな画面を試せます。

==========================================

旅行リスト(詳細は後半で)

  • 2019年5月17日~19日(2泊3日)クラブツーリズム
    ⇒大連(中国、完了)
    ⇒1週間前には航空券番号を教えてもらえる。
     (この時点で、座席指定済み。最初は33F、33Gだった。)
    ANAの場合24時間前にオンラインチェックインが可能。
    ⇒往路ANA789エコノミー最前列(20K、20J)をオンラインチェックインで確保
    ⇒復路ANA789プレミアムエコノミーへアップグレード(15C、17C)
    ※格安ツアーでも座席指定が可能+Kクラス(30%マイルが貯まりました。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190720095415p:plain

    中国のビール薄すぎです。水みたいに飲めちゃいます。料理はこの後、何種類も出てきます。


  • 2019年7月2日~5日(2泊4日)阪急交通社
    シンガポール(完了)
    シンガポール航空A380(エコノミー、申し込みと同時に便名まで確定)
    ⇒座席指定は不可、当日のカウンターまで分からない。往路は窓側から2座席確保。なお隣もいないため3席を2人で利用できた。復路は、通路側から中央に2席。並び席だが隣もいました。全体的にほぼ満席に\近い感じなのでしょうがないでしょう。ただし、隣はいてもいいけれど日本人にしてほしいな。
    ⇒マイル加算もたぶんダメ?(7/13現在積算なし)ただし、PLT,SFCの登録は可能。よって、搭乗券だけでラウンジには入れました。
    ※申込時から格安ツアーのため、座席指定もマイルもダメと思いながら予約しました。なお、航空機はシンガポール航空A380です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190720095712p:plain

    シンガポールでもツアー中は中華が多かったです。ビールはもちろんタイガービールですね。でも高すぎます。大瓶1本S$18(1500円)でした。因みにコンビニでは350mlのタイガービールは250円ぐらいだったかな?忘れたけれど高くはなかったです。


  • 2019年9月○○日~○○日(3泊4日)JTB旅物語
    ⇒北京(予約済み)
    ⇒ANA77W(ビジネス、往復ともに便名まで確定済み)
    ⇒たぶんマイルの積算は可能だと思います。ビジネスで積算されないチケットはないと思います。きっと。
    ⇒座席指定はパンフレット上はできないと明記。
    ビジネスクラスで予約⇒さてファーストクラスに搭乗できるか?
     シンガポール3回目の修行でファーストクラスを味わってしまいましたので、ダメかもと思いながらも再度チャレンジしてしまいました。本当は北京より行きたいところはいっぱいあったのですが、77Wのビジネス→ファーストの夢にはかないませんでした。ツアーですのでカウンター勝負でしょうか?頑張ります。
    ⇒実は座席指定ではもう一つ奥の手を発見。次回で成功したら発表しますね。
  • 11月~1月 ベトナム、マレーシア、タイなどを計画しています。

 

今後の課題

  1. どの旅行会社(航空会社)なら、マイルが付くのか?
  2. どの旅行会社(航空会社)なら、事前に座席指定ができるのか?
  3. 格安旅行でも、ANA搭乗ならプレミアムエコノミーに無料アップできるのか?
  4. 家族会員と一緒の場合(プラチナ+SFC)並び席は確保できるのか?また、2人とも恩恵を受けられるのか?
  5. どのルートなら恩恵を受けやすいのか?または、可能性が高いのか?
  6. 往路の成田or羽田空港へは何時間前に行ったら恩恵を受けやすいのか?
  7. 復路でも恩恵を受けられるのか?
  8. 航空会社による違いはあるのか?
  9. 期待はしないが、インボラアップはあるのか?

無料航空券は本当に取りやすいのか?

  1. ログインなしの状態では?
  2. プラチナでログインした後は?
  3. SFCでログインした後は?(家族会員で)
  4. ANAと他社の違いは?(もちろんスターアライアンス内で)

こんなことを実際に挑戦&実験してみたい。

もちろん、格安ツアーなのでほとんどできないのが当たり前なのかもしれない。
しかし、せっかくのSFC、いろいろ試してみたい。

因みに、ビジネスクラスのカウンター利用、ラウンジの利用、優先搭乗は当たり前にできることなので、それ以外の恩恵を中心に実際どうだったのかを記載してみたい。

f:id:SFC2019_SIN:20190720095122p:plain

42番ゲート側のラウンジの入り口には、スターウォーズ仕様の模型が置いてありました。



==========================================

 格安旅行会社の候補

  1. クラブツーリズム
  2. 阪急交通社
  3. JTB旅物語

まあ、他にもいろいろな旅行会社があるでしょうが、まずこの中なら選んでみようと思います。


私が格安ツアーを選ぶ時の条件は?

  1. ANAが最優先、そして次にスターアライアンスの各航空会社、最後にANAの提携航空会社が確定しているツアーのみしか頼まない。SFCですから当たり前ですね。⇒SFC後2回の旅行が終わって、今後はANA便にしか乗らない。と心に決めました。(ただし金額に負けてしまうかもしれませんが。)
  2. できるだけ割安感のあるツアーを選択してみたい。初めて行く場所では基本的に全観光&全食事付きのパッケージツアーを選びたい。行先によっては多少自由行動があってもよいが、すべて自由行動のツアーは選択しない。
    (航空券とホテルだけなら、ANAの旅作とかツアー以外の選択肢の方がよさそうですので、観光付き、食事付きのパッケージツアーに絞っての選択です。)
    ⇒ソウル(10回以上行ってます。)とシンガポール(今回の旅行で判明)は、地下鉄でどこでも行けそうなので今後はフリーで行くと思います。
  3. インターネットで申し込みができて、ANAカード支払いが大原則。
  4. 長期の休みはなかなか取得できないので、2泊3日~4泊5日程度まで。ということは、どうしてもアジアが多くなるかな。最大でも6日間までのツアーとする。
  5. 羽田よりは成田を優先。私の環境では成田の方が行きやすい。羽田発を選択すると、深夜発とか夜遅くに羽田着のツアーが多いことも理由。
    成田発のツアーは比較的午前~午後の早い時間発で帰りも夕方までには帰ってこれる場合が多い。
  6. 旅行先は基本的にお勧めの季節に行く。お勧めではない雨季などには行かない。
    (トラベルコなどでベストシーズンを教えてくれてます。)
  7. 各旅行会社を調べて、お得と思うツアーにしか行かない。結局は、安いツアーにしか行かないってこと。

調べていくと、JTB旅物語は、東京の営業所に行って支払うのならクレジットカード支払いができるが、インターネットからの申し込みでは料金は振り込みです。
これでは、旅行代金分にマイルが付きません。
私は問題ないですが、カードに付帯している保険が、利用が条件になっている場合などでは頼みずらいですね。まあ、羽田や成田までJRでも高速バスでもカードで支払えばこの問題は解決なのですが、そもそも旅行代金がカードで支払えない。これだけで、面倒ですし一歩引いてしまいます。私は。


JTB旅物語でもクレジットカード支払いができる方法があります。
JTBトラベルギフトカードをクレジットカードで購入し支払うことができます。
電話で利用するカード番号と有効期限、PIN番号を伝えれば決済できます。
なお、再チャージはできない。1円単位で利用できる。ただし、1回540円の手数料というか送料が必要。なお、ツアーキャンセルの場合にはトラベルギフトに再チャージされるようです。
3回目の北京ツアー用としてトラベルギフトカードを20万円分購入しました。なお、1回あたり10万円までしか購入できません。(下記はその1回分です。ビジネスクラスのツアーなのでそれなりにはしました。因みに2人分です。)

 

f:id:SFC2019_SIN:20190606182116p:plain

10万円分クレジットカードで購入(540円手数料?送料が必要)

==========================================

さて、ここからが旅行記の詳細版です。

 

SFC達成後の第1回目は、5月17日~19日(2泊3日)クラブツーリズムさんで大連(中国)へ格安旅行に行ってきました。

f:id:SFC2019_SIN:20190520191612p:plain

1週間前に送られてきた最終のご案内です。

 

第1回目のツアーの航空券

f:id:SFC2019_SIN:20190521174310p:plain

往路は残念ながらプレエコには座れませんでした。でもエコノミー最前列を並び席でゲットできました。

f:id:SFC2019_SIN:20190520191258p:plain

復路はプレエコゲットです。しかもチェックイン時には自動でアップされていました。ただし連れとは離れてしまいました。
  1. 第1回目の旅行会社はクラブツーリズムさんです。料金は激安の34800円で、ANA指定、便名指定、全食事+全観光つきのツアーです。
  2. 4月1日にネットで申し込みを行いました。なお、催行が決定している日付を選択し、かつ、申し込みが可能な日程を選択したので、申し込みと同時に日程も確定です。ANA限定で、成田発の時間も成田へ到着する時間も確定しているものを選びました。
  3. 数日後にご旅行のパンフレットと申込用紙が届きました。因みに申込書にマイレージカードの入力欄はありませんでした。
  4. 旅行のパンフレットには、ANAの場合24時間前からインターネットチェックインサービスが利用でき、座席指定ができるとのこと。出発1週間前に届く「最終案内、旅のしおり」に詳細が記載してあるとのこと。(私は待ちきれないのでネットで調べたら、簡単に詳細が掴めました。)
  5. 4月12日、1週間前に「最終案内」が届きました。翌日クラブツーリズムに電話して13桁の航空券番号をゲット。ただし、電話でも聞いたのですが24時間前にならないと座席指定はできないそうです。
  6. しかし、本当か?ANAにログインして航空券番号を入れてみました。
  7. f:id:SFC2019_SIN:20190511172821p:plain

    やはり格安ツアーでは、24時間前まで待つしかないようです。
  8. しかし、閲覧だけとはいってもeチケットお客様控えもゲットでき、航空券の券種も分かりました。エコノミーのKクラス。見事格安ツアーでも30%マイルが付きます。良かった。しかも同行者とは最初から並び席が確保されていました。窓際ではないけれど。

    f:id:SFC2019_SIN:20190511173914p:plain

    ANAのHP、Kクラスでも30%マイルが付きます。
  9. そして、エコノミーの高額なチケットで座席が空いているかどうかANAのHPでチェックすると、見事にプレミアムエコノミーの3列がすべて空いていました。24時間前、最悪でも成田のカウンターで勝負ができるか?楽しみです。
  10. 前日の24時間前、往路(20K、20J)エコノミー最前列を指定できました。
    この時点で、15~17列のプレエコ席の指定は、できませんでした。
    PLT事前サービス+SFCのせいなのか、券種があまりにも低いため(K)なのかはわかりません。(24時間前のオンラインチェックインで33F、33Gからの変更できました。)
  11. 往路、成田の空港ではプレエコにアップしてくれませんでした。
    出発まで2時間以上あったのに残念。カウンターの人によるのか?この時は男性でした。(次回からは、自分からプレエコにアップできますかと遠慮せずに聞こうと思います。)

    f:id:SFC2019_SIN:20190520191850p:plain

    初めてのプライオリティレーンを通りました。前に1名いただけ。荷物検査後、Zカウンターの人と一緒にスリガラスから通路に出ます。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192154p:plain

    ラウンジでは、いつもの席で。今日はとんこつラーメンもいただきました。


  12. 航空機は789。プレエコは3列。乗ったらプレエコ空いてましたけど・・・
    ただし、1人+ブロック+1人、のように座っていました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192331p:plain

    20J席、エコノミー最前列です。3人シートは狭いながらも快適です。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192656p:plain

    エコノミーでも、おいしくいただきました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194630p:plain

    エコノミー席のディスプレイです。


  13. 大連到着、本日のホテルはなんと5つ星だって。34800円のツアーですよ。
    実際は、3星程度としても超お得でした。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520195543p:plain

    14階のツイン、十分です。バスルームには単独のシャワー室までありました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190521173807p:plain

    単独でシャワーブースもありました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190521173915p:plain

    バスタブも別にあります。


  14. 3日間、同じガイドさん、同じバスで移動でした。
    ガイドさんが変わらないのがいいですね。
  15. 復路の前日、ツアー中のバスの中でオンラインチェックイン。
    このために用意したVPN機能付きWiFiルーターの出番です。
    55F,55Gから23B,23Cに変更しました。残念ながらこの時点も15~17列のプレエコは選択できませんでした。
  16. 復路当日、空港に着く前にオンラインチェックインした座席から(15C、17C)のプレミアムエコノミーに自動でアップされていました。
    実はツアーで一緒だったPLTの方に、ツアー中に教えてもらいました。
    慌ててANAで確認してみると、自動でプレエコに変更済み。やった!という反面連れとは別々。まあいいか。
  17. 大連のカウンターでも、別々の座席ですと説明があったが、変更の希望は聞かれずそのまま。まあいいか?

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193251p:plain

    ファーストクラスラウンジの入り口です。


    f:id:SFC2019_SIN:20190520193030p:plain

    ファーストクラスラウンジ。カップラーメンしかないなどの記事もあったが、それなりに充実していた。黒ビールがおいしかった。


  18. 搭乗後、連れと話して席に戻ったら17Aの男性の方が席を変わりましょうか、と向こうから提案してくれました。感謝、感謝です。17Aと15Cの交換成立です。
    おかげで連れと並び座席になりました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520192910p:plain

    復路はスターウォーズ仕様です。


  19. 実は、プレエコの座席の良さに初めて感激しました。17Cで。
    今までNRT-SINで体験したプレエコはすべてプレエコ最前列でした。
    いやいや、最前列でなくてもプレエコはプレエコです。
    座席の幅も広いし、前の座席との間隔もそれなりに十分です。
    往路がエコノミーだったので、余計に良さが分かりました。
    何といっても、3列目はTVが常時みられるし、前の座席のポケットに手が届くので小さなものを入れるのに非常に便利でした。
    寝るのには、足が延ばせるプレエコ最前列の方が良いですが、短距離便ならこのほうが良いかも。映画も最後まで見られる可能性が高いです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193422p:plain

    ぱっやりプレエコはいいですね。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193538p:plain

    復路の食事もおいしかったです。流石ANAです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193639p:plain

    R2-D2スターウォーズ仕様は、紙コップまでスターウォーズです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520193904p:plain

    搭乗の記念に、絵はがきとカードを貰いました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194812p:plain

    復路の画面、指でチョイチョイ、こんな画面にも変更できます。


  20. 15名の激安ツアーなのにPLT3名が判明。復路では4名がプレエコ。1名のグループはプレエコ並び席にできなかったためなのかエコノミーの並び席を選択したようです。
  21. 成田に着いて終わりかと思いきや、6名がアライバルラウンジで再会。再度盛り上がりました。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194053p:plain

    アライバルラウンジは、ガラガラでした。日曜日の18時ごろです。

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194231p:plain

    反対側もガラガラ

    f:id:SFC2019_SIN:20190520194408p:plain

    もちろんお目当ての、いっぷく場もあります。

【第1回目のまとめ】

  • ツアー料金34800円+空港利用税+燃料費などで、合計1名42910円の2泊3日、全食事つき、全観光付きの大連ツアーです。正直どうしてこの金額でツアーが成り立つのか不思議なくらい安いツアーです。
  • 格安ツアーでもプレエコにアップできることを確認しました。
  • クラブツーリズムさんは、ANAの場合では事前に券種も航空券番号も分かります。24時間前からならオンラインチェックインも可能で、希望の座席指定も可能です。これは格安ツアーでは非常にうれしいですね。SFCの恩恵が発揮できます。
  • 今回は往路オンラインチェックインでは、プレエコは選べませんので当日のカウンター勝負になります。
  • 往路はエコノミー最前列を並び席でゲット。これでも嬉しいが、次回はカウンターでプレエコの座席希望してみます。
  • 復路は空港到着前にすでにプレエコにアップ済みでした。スマホでチェック。しかし、連れとは離れてしまいました。(2人ともプレエコですが)空港でもそのままでしたので、まあしょうがないです。結果は、席を代わってくれると申し出てくれる方がいて実際には並び席でしたが。
  • 格安ツアーでもホテルは結構よかったです。朝のバイキングも上々です。ただし、あまりにも上のレベルと比較してはダメなのは当たりまえです。
  • ツアー中の食事は中華が多かったですがまあまあ良かったです。ただし、円卓でそれぞれ食材を取り分けなければなりません。私は気にしないので全然OKですが、個別食を求める場合は中国のツアーは難しいかもしれません。
  • お土産屋に3か所寄りましたが、しょうがないです。これがツアーです。安いのには理由があります。買う気はなかったのですが、それなりに買ってしまいました。
  • ガイドさんも良かったです。一緒に行動した15名も良かった方でしょう。何よりツアー中のトラブルは皆無でした。わりと和気あいあい過ごせました。
  • 激安ツアーでも、楽しく、思い出に残るツアーでした。クラブツーリズム恐るべし。激安でもなかなか良かったです。
  • 次回は阪急交通社のトラピックスでシンガポールへ行きますが、またクラブツーリズムさんでも頼みたいと思わせてくれたツアーでした。

f:id:SFC2019_SIN:20190615124818p:plain

PLT+ANA SFC GoldCardでの加算マイル

f:id:SFC2019_SIN:20190615124946p:plain

ANA SFC GoldCardでの加算マイル

==========================================

==========================================

SFC後、第2回目のツアー

f:id:SFC2019_SIN:20190706160430p:plain

SFC後、2回目は再度シンガポールへ行きました。今回は、阪急交通社さんのツアーです。
  1. 2回目は阪急交通社さんで、2泊4日シンガポールへの格安ツアーです。
    阪急交通社さんのツアーでも、食事付きや観光付きなど他にも選択肢がありましたが、頼むときにはすでに満席になっていて、このコースに頼みました。
  2. シンガポールは、LCCを含めればとんでもなく安い料金から、ビジネス+マリーナベイサンズで30万円オーバーなんて言うのもありますので、予算によって中身も大きく異なります。(もちろん私は格安旅行にしか行けません。)
  3. f:id:SFC2019_SIN:20190706160908p:plain

    ツアーカウンターでもらったEチケット控えです。クラスは?マイル付くかな?ダメそうでした。
  4. f:id:SFC2019_SIN:20190706160719p:plain

    往路は3座席を2名で利用できました。ラッキー
  5. f:id:SFC2019_SIN:20190706161100p:plain

    サテライトのANAラウンジ。窓はないけれど空いていました。
  6. f:id:SFC2019_SIN:20190706161145p:plain

    素晴らしい喫煙所も完備です。
  7. f:id:SFC2019_SIN:20190706161605p:plain

    サテライトでも、そば等のサービスがあります。
  8. f:id:SFC2019_SIN:20190706161246p:plain

    46番搭乗口。遠いです。
  9. f:id:SFC2019_SIN:20190706161411p:plain

    チャンギ到着時のA380.でかいです。
  10. f:id:SFC2019_SIN:20190706161920p:plain

    足元はこんな感じ
  11. f:id:SFC2019_SIN:20190706161951p:plain

    リクライニングをしなけれrば、足は組めます。リクライニングは座面も連動して動くので、少し倒しただけでも足元が狭くなり足を組めません。
  12. f:id:SFC2019_SIN:20190706162303p:plain

    少しだけですが窓が遠いです。窓の厚さはかなりのものです。遮音性が良いのはこのせい?
  13. f:id:SFC2019_SIN:20190720100205p:plain

    シンガポールへの入国審査は混んでいました。結構時間がかかりました。因みに入国時は両手の親指の指紋を取られますが、出国時の自動ゲートは右手の親指1本でした。両手で行っていたらなかなかゲートが空きませんでした。最初に教えてくれー。
  14. f:id:SFC2019_SIN:20190706162924p:plain

    復路のみ:深夜便のためか靴下・歯磨きセットが配られました。
  15. f:id:SFC2019_SIN:20190706163301p:plain

    シンガポール航空は、熱々のおしぼりサービスがあります。これは嬉しいです。
  16. f:id:SFC2019_SIN:20190706163426p:plain

    深夜便でも、軽食と朝食がでます。まあ、軽食はおまけみたいなものですが。無いよりははるかに良いです。
  17. f:id:SFC2019_SIN:20190706163623p:plain

    タイガービールが飲めるのも、シンガポール航空ならではです。
  18. f:id:SFC2019_SIN:20190706163721p:plain

    往路のチキン
  19. f:id:SFC2019_SIN:20190706164613p:plain

    往路の和食
  20. f:id:SFC2019_SIN:20190706163752p:plain

    エコノミーでも、ハーゲンダッツがいただけます。
  21. f:id:SFC2019_SIN:20190706163831p:plain

    操作はできませんが、航路図?も見ることができます。
  22. f:id:SFC2019_SIN:20190710164827p:plain

    シンガポールはタバコ1本から課税です。私は入国前に税関によってS$18.75を支払いました。meviwsという銘柄まで登録するようです。
  23. f:id:SFC2019_SIN:20190706164008p:plain

    チャンギ到着後、T3にしかないバタフライガーデンへ行って来ました。昼間の様子は到着時に行かないと見れないので。
  24. f:id:SFC2019_SIN:20190713160430p:plain

    ホテルはBOSSホテルでした。写真は1Fのホーカーズ。隣にコンビニもあります。この奥に喫煙所があります。MRTラベンダー駅まで300m程度。雨でも濡れずに行けます。部屋は狭かったけれど場所は非常に便利な場所でした。
  25. f:id:SFC2019_SIN:20190713160953p:plain

    BOSSホテルの朝食。激安ツアーでもそこそこはありました。
  26. f:id:SFC2019_SIN:20190713161135p:plain

    ホテルの朝食会場。外側に喫煙所があります。
  27. f:id:SFC2019_SIN:20190713161633p:plain

    お決まりのポーズです。腹が出ているって?気にしない。気にしない。
  28. f:id:SFC2019_SIN:20190713161903p:plain

    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには、昼と夜2回行きました。
  29. f:id:SFC2019_SIN:20190713162204p:plain

    マリーナベイサンズの屋上。向こう岸の正面がマーライオンです。夜にはMRTに乗ってSPECTRAのショーを見に再度来ました。
  30. f:id:SFC2019_SIN:20190713163010p:plain

    SPECTRAのショーは、前日の夜、対岸でも見ました。
  31. f:id:SFC2019_SIN:20190713162637p:plain

    クラークキーで、サテーとビールで乾杯です。この後暗くなってきます。
  32. f:id:SFC2019_SIN:20190713163349p:plain

    ジョホールバルの国境は渋滞です。でも平日だったので渋滞は30分ぐらいでした。土日はツアー自体が渋滞のため開催されないらしいです。良かった平日で。もちろん車から降りてシンガポールを出国し、また車に乗って橋を渡り、再度車を降りてマレーシアに入国。そして車にまた乗って観光という順番です。なお、国境やイミグレなどは写真撮影禁止でした。
  33. f:id:SFC2019_SIN:20190713163945p:plain

    ジョホールバルのモスク。お祈りをしている人がいました。因みにマレーシアではすべての場所で喫煙OK。灰皿はどこでもだって。本当かどうか知らないがマナーを守って喫煙しましたよ。道などで。
  34. f:id:SFC2019_SIN:20190713165411p:plain

    んー。マレーシアです。
  35. f:id:SFC2019_SIN:20190713165600p:plain

    シンガポールに戻り、オーチャードロードを個人で散策しました。
  36. f:id:SFC2019_SIN:20190713165956p:plain

    帰国のホテル集合の75分前までマリーナベイサンズにいました。ガーデンズバイザベイの夜のショー見て、ホテルの6階の外からSPECTRAを見て、MRTで速攻集合場所のホテルまで帰りました。ホテルには集合時間の30分以上前に到着。MRT早くて便利です。
  37. 写真ないけれど、マリーナベイサンズ内は迷路です。ガーデンズバイザベイまでは、いったん外に出てエレベーターで6回に。再度ホテル内を通って行かないとガーデンズバイザベイにはいけません。因みにTWGのお店もホテル内にあります。ここで買ったらチャンギ空港で税金の還付を受けましょう。そうすると空港で購入した金額と同じになります。
  38. f:id:SFC2019_SIN:20190706164216p:plain

    復路の軽食:これはツナサンド
  39. f:id:SFC2019_SIN:20190706164250p:plain

    復路の軽食:これはチキン???(もちりんチキンかツナのどちらか一方のみです。)
  40. f:id:SFC2019_SIN:20190706164410p:plain

    復路の朝食
  41. f:id:SFC2019_SIN:20190706164448p:plain

    復路の朝食(和食)醤油が欲しかったって(連れよりの伝言)
  42. f:id:SFC2019_SIN:20190706172204p:plain

    復路の航空券:満席で中央通路側から2席でした。
  43. f:id:SFC2019_SIN:20190713170907p:plain

    復路は通路から中央側へ2座席です。満席で写真はほとんどとれませんでした。寝ていたし。
  44. f:id:SFC2019_SIN:20190706172320p:plain

    修行と異なり今回はシンガポール入国+ジョホールバル(マレーシア)にも行って来ました。

==========================================

==========================================

3回目の北京旅行は、まだ未実施です。

==========================================

-格安ツアーでどれだけ恩恵を受けられるかが今後のカギとなります。
-マイルが付かない、付いた、どの旅行会社の何というツアーで・・・
-また、その時の申請方法の違いや座席指定の違い、当日のカウンターでの戦いなども合わせて紹介していく予定です。

その次の予定は9月の北京、JTB旅物語さんです。
77W運航のビジネスクラスで再度ファーストクラス席(修行中NRT-SINで1回乗れました。)に搭乗できるかを期待してこのツアーにしました。
ビジネスクラスのチケットでファーストクラス席へ搭乗できるチャンスがあるのは多分この路線のみです。カウンター勝負かな?単純にファーストクラス席をPLT+ビジネスのツアーでも確保できるかを試したくてこのツアーに申し込みしました。)

また、10月には無料航空券で韓国。11月~1月には、タイ、マレーシア、ベトナムなどを検討中です。

サラリーマンでそんなに休み取れるの?

だから、短い旅行なのです。子供(成人してます)もそんなに長い期間ほっとけないし。

ただ、休みの希望は自分で出して自分で許可する環境ですので、それなりに無理は効きます。その分、仕事は頑張り+他はほとんど休みません。

 

誰か教えてくれないかな?
格安ツアーでもマイルが付く旅行会社や、事前に座席指定が可能な格安ツアーを・・・調べても出てきませんので、私がやりますってか?

==========================================

 

f:id:SFC2019_SIN:20190417170359p:plain

プラチナカードが活躍できるかを試してみます。

f:id:SFC2019_SIN:20190415224927p:plain

デジタルカードの活用も試してみます。

==========================================

 2919年1月から約2か月かけて修行した記録は、こちらです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================

jijiのブログへようこそ
お問い合わせは下記のメールアドレスへお願いします。
2019sfc.nrt.sin@gmail.com

真面目なお問い合わせ&このHPにふさわしい内容のみ返事します。
また、内容によってはこのページに問い合わせ内容を記載します。
了承する方のみお問い合わせください。
なお、当然問い合わせいただいたメールアドレスは公開しません。
問い合わせ件数が読めません。返事は遅くなることがあります。
ご了承願います。

2019年ANAプラチナSFC修行NRT-SINタッチ5回で達成【実録】

2019年1月~3月ANAプラチナSFC修行NRT-SINタッチ5回で達成【実録】

シンガポールタッチ(土日だけでシンガポール入国なしの0泊2日)を5回繰り返しANAプラチナ取得を目指した実録です。
修行なのにプレエコ、ビジネス、ファースト乗り比べもあります。
出発日=1/12発1/26発2/2発2/23発3/9発=5回完了
モバイル搭乗券、自分で印刷した搭乗券の利用や、復路の成田発券が出来るかのチェックもしてきました。
(OKAーSINタッチやKUL-OKAタッチではなく、NRT-SINタッチの理由などは後半で)
いかにして簡単に修行するかを目的にしているため、複雑なルートや観光は度外視して修行のみに目的を絞りました。

f:id:SFC2019_SIN:20190311181038p:plain
パスポートに押された出入国のスタンプです。2019/3/10、5回無事完了しました。係官の皆様綺麗に押していただきありがとうございました。

  • 5往復とも同一便(往路NH801、復路NH802)
  • 2018年9月に、プレミアムエコノミーのチケット(Eクラス)をANAホームページより購入して挑戦しました。

f:id:SFC2019_SIN:20190114144524p:plain
77Wビジネスクラスのディスプレイ(オートプレイ中の経路図)

SFC修行については、皆さんがたくさん経験談などをアップされおり、もちろん私も大変参考にさせていただいています。しかし、準備を含めて、調べても分からなかったこと、不安だったことなどを、このブログを通して最新の情報とともにお知らせできればと思います。

これから、第1回目から第5回までの修行の詳細を順次お伝えしていきます。この記事を読んでいただいた皆さんに少しでもお役に立てれば幸いです。

- 2018年秋の改悪でNRT-SINタッチが高額になってしましましたが、KUL-HNDなどの海外発券ならまだまだ修行は可能です。ルートこそ異なりますが参考にしてください。

プラチナ達成からSFCカード到着まではこちらのページです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

SFC取得後に、恩恵を受けられるかを確認した旅行記はこちらです。

SFC取得後の恩恵を確認するために格安ツアーに挑戦してみます。
5,7,9月と、すべて異なるツアー会社での挑戦です。
さてSFCの恩恵が最も受けられるのはどのような場合なのかをメインにお伝えしていきたいと思います。
sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================

目次

ダイジェスト版

  1. 分かったこと10選
  2. 第1回目の修行(2019年1月12日~13日完了)
  3. 第2回目の修行(2019年1月26日~27日完了)
  4. 第3回目の修行(2019年2月2日~3日完了)
  5. 第4回目の修行(2019年2月23日~24日完了)
  6. 第5回目の修行(2019年3月9日~10日、最後の修行完了しました。)
  7. 準備編
  8. 分かったことリスト(詳細)
  9. プロフィール
  10. 考察

その後詳細版へと続きます。(目次の順番は同じ)

f:id:SFC2019_SIN:20190207191618p:plain
3回目の往路、北緯1度シンガポールへ着陸する少し前、Fクラスにて。速度254Km/h、高度351mです。

==========================================

分かったこと10選(詳細&10選以外は、まとめを参照)
  1. モバイル搭乗券でも、自分で印刷した搭乗券でも、搭乗もラウンジも利用できる。かつ、成田で帰りの搭乗券は発券できる。(条件あり)
  2. NH801+NH802によるNRT-SINタッチは安全かつトラブルにも強い。かつ、この工程なら食事代も宿泊代も不要。現金は1円も使わないで済む。
  3. 往路と復路、時間帯によって食事もサービスも大きく異なる。
  4. プレエコは自分から言わないとサービスが受けられない。
  5. 修行僧は通路側を選ぶべし。(本文中には窓側が良いという記述もあるが、最終的には通路側がお勧め)
  6. できることなら2人以上で修行すべし。
  7. 飛行機の中は寒い。服装注意。
  8. 英語はほとんど話さなくても修行はできる。
  9. 往路のアップグレードがお勧め。(NH801+NH802の場合)
  10. 5回のシンガポールタッチだけのパスポートでも、成田の出入国も税関も問題なし。(私の場合)

==========================================

第1回目の修行(2019年1月12日~13日完了)

f:id:SFC2019_SIN:20190209110207p:plain
修行なのにビジネスへアップグレードしてのスタートです。

  • 初めてのGOLD TRACK
  • 顔認証ゲートで出国&入国
  • 成田ANAラウンジ
  • 搭乗券
  • 往路はアップグレードのビジネス。復路プレエコ(77W)
  • ワインお勧め上手CAさん
  • 深夜シンガポール到着、ラウンジの利用について
  • 喫煙所は?
  • モバイル搭乗券は、シンガポールで利用できます(条件あり)
  • チャンギでの搭乗前の荷物チェックについて
  • その他の、第1回目の修行の詳細をお伝えします。

f:id:SFC2019_SIN:20190406170442p:plain
Transfer Eのカウンターです。1回目は帰りの搭乗券とラウンジのチケットを貰いました。

==========================================

第2回目の修行(2019年1月26日~27日完了)

f:id:SFC2019_SIN:20190128173534p:plain
雪のため成田で6時間機内に缶詰。23時過ぎ除雪が始まった。

  • 往復ともにプレミアムエコノミーで完了
  • 航空機はスターウォーズ仕様(77W)
  • 今回も往復とも顔認証Gateを利用(成田)
  • 往路、雪の影響で成田で飛行機内に6時間缶詰。(成田発0:00過ぎ)プレエコで良かった。エコノミーだったらと思うと恐ろしい。
  • 成田で夕食(機内食)も映画も見終わった。
  • 復路は、シンガポール到着後1時間で出発(滞在時間1時間)
  • 寄れたのはトイレと、喫煙所とTWGのお店だけ。ラウンジなし。
  • NH801+NH802便は、6時間の遅延でも同じ飛行機で帰ってくるから乗り遅れの心配なし。成田到着は定刻14:30成田到着
  • 今回もモバイル搭乗券のみで問題なし。

f:id:SFC2019_SIN:20190406170041p:plain
揺れない機内(往路プレエコ)まだ成田に駐機中です。

==========================================

第3回目の修行(2019年2月2日~3日完了)
  • 平会員でもプレエコからの2段階アップグレードのファーストクラスへ搭乗(77W)

f:id:SFC2019_SIN:20190207192417p:plain
ANAファーストクラスへ搭乗できました。詳細は3回目にて。

  • チーフパーサーからの挨拶&写真も撮ってくれた。
  • Fクラスは、窓8に対して2列=1座席当たり窓4つ(窓側なのに窓が遠い)
  • 食事&サービス
  • チャンギ内徘徊(T2~T1~T3の往復)
  • SATS Premier Lounge
  • Anbassador Transit Loungeでは、シャワーを経験
  • 復路プレミアムエコノミー
  • 一風堂ラーメンは小さい
  • 航空機スピードメーター

f:id:SFC2019_SIN:20190406170947p:plain
初めてのFクラス(77Wの2A)搭乗の前から楽しみです。

==========================================

第4回目の修行(2019年2月23日~24日完了)

f:id:SFC2019_SIN:20190227101247p:plain
復路789、E22_Gateより

  • 往路アップグレードのビジネス、復路プレミアムエコノミー(789)
  • 今回、5回中初めての789。今まで3回はすべて77W。違いがあるか。検証してみる。
  • 成田Bカウンター(ビジネスクラス)で、復路の搭乗券をあっけなく発券できました。(詳細は4回目で)
  • 成田でシェフサービス(お寿司)体験
  • 往路ビジネスクラス、デザート初体験、空とんも初体験
  • 789の綺麗な経路図に感動
  • 0:40チャンギ到着、速攻TWGへ向かい閉店前に紅茶をゲット。
  • SATS Premier Lounge→Anbassador Transit Loungeの順にラウンジを利用。
  • SATS Premier Loungeでは、タイガービールも飲めます。
  • 復路は結構寝てきました。プレエコ窓側最前列、意外と寝られます。
  • 789は、GPS信号を受けられない。

f:id:SFC2019_SIN:20190406171431p:plain
チャンギの空港は綺麗ですね。緑がいっぱい。

==========================================

第5回目の修行(2019年3月9日~10日、最後の修行完了しました。)

f:id:SFC2019_SIN:20190312174359p:plain
深夜のサンフラワーガーデン。Anbassador Transit Loungeの喫煙所のお隣です。

  • 往路アップグレードのビジネス、復路プレミアムエコノミー(789)
  • 往路、デザートとチーズプレート(盛り合わせ)両方ゲット。
  • ビジネスクラスの食事は3月になって少し良くなった感がある。
  • 3月に入り新しい映画が追加された。毎月更新されているようだ。
  • デザートとチーズの盛り合わせ(CAさん、両方いただけますか?往路)
  • 最終回のテーマ(深夜のターミナル間のバス移動)断念。
  • 5回目ともなるとワクワク感が減ってしまった。工程は見直すべき。
  • 復路、朝発なのに朝食後約3時間の消灯。寝られて良かった感もあるが、サービス的には改善の余地ありか?。
  • チャンギT2ターミナルの映画館。深夜はやっていませんでした。
  • SATS Premier Lounge→Anbassador Transit Loungeの順にラウンジを利用。
  • チャンギ空港の電源、USB端子情報
  • 復路、一風堂カップ麺がなくなりスープデリに代わっていた。
  • 789から外を撮るには液晶シャッター全開にすべし。ただし、他の人に迷惑のかからないように。
  • 成田のカウンターでもらった搭乗券を初めて往復とも利用。(これができれることを最初から知っていればね!)

f:id:SFC2019_SIN:20190406165414p:plain
5回目の往路、3月からメニューが変わりました。

==========================================

準備編
  • 情報収集
  • ANAカードとPRIORTY PASS
  • なぜ、NRT-SINなのか?
  • PTの単価より楽な工程を選択
  • 航空券の購入はANAのHPから
  • 座席の指定
  • アップグレードは、なぜ往路なのか?
  • 所持マイルのSKY COIN交換は失敗だった。
  • Skypeは非常用の通信手段として準備
  • イヤホン(ノイズキャンセリング
  • スマートフォン充電器&コード
  • 服装
  • 健康に気を付ける。これが最大の課題。

==========================================

分かったこと(リストのみ、詳細は後半で)
  • モバイル搭乗券は、シンガポールタッチ時に利用できる。(条件あり)
  • 自分で印刷するA4印刷搭乗券でも、シンガポールタッチ時に利用できる。
  • 復路の搭乗券は成田で発券できる。最初から知りたかった。
  • NH801+NH802によるNRT-SINタッチは同一機材で運行するため、トラブルや遅延に強い。
  • プレエコは自分から言わないと機内でのサービスが受けられない。(何も希望しなければエコノミーとほとんど変わらない。)
  • 往路ビジネスクラス+復路プレエコ最前列は、もはや修行ではなく快行です。でも眠さは修行レベル。
  • 一人での修業はやっぱり寂しい。誰かと一緒に修行すれば2倍ではなく3倍は楽しい?かつ、隣の座席は知り合いの方が絶対楽です。
  • 5回終わっての感想であるが、修行僧は座席指定は通路側を選択すべきである。
  • 窓側は通路側より少しだけ寒い。
  • 窓側は荷物置き場が通路側より少しだけ多い。
  • 飛行機の中は寒い。
  • NRT-SIN単純往復は爺の修行には大正解。しかしもう少し変化を求めればよかった。
  • 英語はほとんど使わなくても修行は可能。
  • 食事は往路、復路、そして時間帯で大きく異なる。(サービスも)
  • 座席のブロック解除
  • PRIORTY PASSはやっぱり便利
  • チャンギのラウンジの混み方は毎回異なる。メニューも少し異なる。2か所とも。
  • 勇気があればラウンジで熟睡も夢ではない。
  • チャンギ空港内での喫煙は何の問題もなし
  • トランジットカウンターへは寄る必要なし。
  • プレエコは、エコノミーとビジネスクラスの中間ではない。
  • シンガポールチャンギ国際空港はやっぱり安全。
  • チャンギの無料WiFiは、意外と繋がらない。ラウンジはOK。
  • NH802便昼食がパン1個、一風堂またはスープデリ(3月からこちらに変更になった)は必ず注文してもらおう。
  • 水も最初に配られる1本以外にもう1本もらうと何かと便利。(往路も復路も)
  • 貴重品の管理は自己責任が当たり前。
  • 新品のパスポートに入出国5回分だけのハンコだけでも問題なし。ただし、普通の旅行ではないので身の潔癖は必須。

f:id:SFC2019_SIN:20190406171950p:plain
もうすぐシンガポール到着です。

==========================================

プロフィール
  • 50代後半のサラリーマン
  • 老後にはのんびりと旅行をしようとSFC取得に挑戦です。
  • 単に安いだけの修行は追及していません。楽な修行が爺には必要です。
  • 成田まで高速バスで100分3100円。私の環境では羽田より行きやすい。成田を選んだ理由のひとつ。

==========================================

考察
  • すべて土日のみで完結。年休は1日も取らずに済んだ。
  • 職場へのお土産(TWGの紅茶とマカロン)を購入したが、黙っていれば内緒で行けた。
  • 3月までに3万PT、4月以降に2万PTが良いかも。(事前サービスの開始日を忘れてた。)
  • HND-OKAプレミアムクラスは、予約開始の昨年8月時は取れないのに12月以降は結構予約が取れるようだ。(便にもよるが)
  • NRT-SIN往復の前後に沖縄往復を付けるなんて修行じゃなくて苦行になってしまう。宿泊代も食事代も必要。
  • ほぼ隔週でNRT-SINタッチを行うと、だんだん疲れてくる。本当の意味での休みがない。もう少し間隔をあけた方が良い。
  • 復路、通路側の座席にして、自分からどんどんサービスを希望すべきだった。プレエコのメリットが半減。しかし眠さとどこまで戦えるか?
  • 最初から通路側を選ぶべし。気づいた時には選べない。

f:id:SFC2019_SIN:20190406172131p:plain
SATS Premier Lounge タイガービール(冷えたジョッキも用意されてます)

=========================================

ここから、本編スタートします。

=========================================

第1回目の修行(2019年1月12日~13日)

  • 初めてのGoldTrack
    • 成田では、ビジネス利用でGOLD TRACKを利用できる。因みに、羽田ではビジネスクラスへの搭乗でも利用できないので要注意。すぐ手荷物検査場に入れる。混んでいるときは非常に助かる。カウンターとかはない。すぐ荷物チェックの検査場です。

f:id:SFC2019_SIN:20190227102249p:plain
初めてのGold Track。やはり便利です。

  • 顔認証ゲートで出国
    • 初めての顔認証だったが、簡単スムーズ。ハンコがいらない人にはお勧めします。パスポートの顔のページを読み込ませるだけ、超簡単です。
    • ハンコは、ゲート通過後の係官より貰った。目の前のカウンターにいます。海外保険適用などの場合に必要などという記事があったため一応押してもらいました。
    • 事前の登録は不要。基本的に日本人なら利用できる。
  • 成田ANAラウンジ(往路)
    • 今回の搭乗口(GATE 51)からは割とすぐのところにある。
    • 搭乗時刻(17:35)、出発時刻(18:05)、16時~17時まで利用、混んでいた。入り口で混んでいるので相席をお願いしますと言われた。
    • いつ来てもビールがうまい(めったに来れないけれど)
    • お酒の種類も結構ある。
    • 食事もおいしい。
    • 豚骨ラーメンも食べた。(奥の別カウンターへ行く必要がある。食事ができるまでベルを渡される。)
    • 食べすぎ注意。特に今回の往路はビジネスクラスだったため食事は控えた方がよかった。

f:id:SFC2019_SIN:20190116182814p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116182626p:plain

f:id:SFC2019_SIN:20190117212538p:plain
成田のANAラウンジ内にも喫煙所はあります。

f:id:SFC2019_SIN:20190116180602p:plain
往路:プレミアムエコノミーからビジネスへアップグレード

f:id:SFC2019_SIN:20190116180640p:plain
復路:プレミアムエコノミー

f:id:SFC2019_SIN:20190114165329p:plain
第1回目の修行で1万PT達成しました

  • 往路ANAビジネスクラスへ搭乗
    • 2019年1月1日、お年玉かのように午前2時ごろアップグレードが完了したとメールが届いた。アップグレードを申し込んだのが2018年9月18日。結構待たされたが結果はOK。初めてのスタッガードシートに搭乗することができた。
    • CAさんより名前で呼ばれる挨拶があった。もちろん現在は平会員、ビジネスクラスの力か?
    • 洋食を事前にリクエストしていた。CAさんから事前予約済みと確認がありました。もちろん味も素晴らしい。
    • ワインお勧め上手CAさん、ありがとう。搭乗してすぐスパークリングワインが配られ、そして離陸後ビールで本格的にスタート。シャンパンは今回頼まなかった。飲んべの顔をしていたのか、前菜では白ワインを勧められゴックン。メインのステーキでは赤ワインも勧められゴックン。チーズのおつまみも勧められ赤ワインをお替りしてゴックン。満喫したビジネスクラスだった。成田のANAラウンジで食べすぎたか、お腹いっぱいでデザートと食後のコーヒーはパス。3回目ではデザートとチーズプレートを同時に配っていたが、やっぱりチーズプレートを選択。両方といえば両方もらえたと思う。次回にチャレンジ。

f:id:SFC2019_SIN:20190116183259p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116183405p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116183448p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116183534p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116183640p:plain

  • 深夜シンガポール到着
    • E5Gate到着、目の前に喫煙所があるではないか。シンガポールは喫煙に厳しいというイメージがあったけれど、チャンギ空港内に限っては喫煙所はすぐ見つかるし以外に多い。部屋の中でエアコンが聞いている場合もあるし、外に出ることで外部の空気に触れることもできる。外の場合それなりに暑いというか暖かい。自分のお気に入りを見つけると良いだろう。なお、E5Gate付近のこの喫煙所は、寒いぐらいエアコンが聞いている。半袖では辛いかも。

f:id:SFC2019_SIN:20190116182206p:plain
喫煙所入り口ドア
f:id:SFC2019_SIN:20190116182253p:plain
喫煙所内から外を見る
f:id:SFC2019_SIN:20190116182355p:plain
奥がE5Gate

==========================================

  • モバイル搭乗券は、シンガポールタッチ時に利用可能です(条件あり)。
    • モバイル搭乗券のみで、搭乗もラウンジもOKです(条件あり)。A4に印刷した搭乗券(オンラインチェックイン後に印刷可能になるもの)でも、搭乗もラウンジもOKです。詳細は、後半の「分かったこと(まとめ)」でまとめて解説します。
  • 現金は、家を出て帰宅まで1円も使わなかった。
    • 成田までの高速バスもANAカードで支払い。
    • 成田からの帰りの高速バスもANAカードで支払い。
    • お土産もANAカードで支払い(10%OFFのANA免税店のみ利用)。飛行機もラウンジも食事もお酒もすべて無料。現金を使う場所がない。
  • チャンギ空港の無料WiFi
    • 通路を歩いているといろいろな場所にあるパソコンに、パスポートを読み込ませるだけ。操作は何も不要で下記のパスワード画面が表示される。
    • 私のスマートフォンの性能の問題なのか以外に電波が弱いところが多い。そのせいかすぐにはうまくいかなかった。帰りの搭乗時、荷物検査後のE5では電波は非常に強く、ストレスなく利用できたので電波の強い場所を探すとよいかもしれない。

f:id:SFC2019_SIN:20190117213202p:plain
パスポートを読ませるだけでパスワードが表示されます。忘れないようにスマートフォンで撮影しておきましょう。

  • トランジットカウンターE
    • 場所は誰でもすぐわかる。Transfer Eの看板を目指すだけ。
    • 4時ごろ搭乗券を貰うのによった(2名女の子がいた)が、実際にはもらった搭乗券は利用しなかった。
    • SATSラウンジのインビテーションもくれた。こちらも利用せず、お土産に持って帰った。
    • カウンターでは、ANAと告げ、パスポートを出しただけ。預ける荷物があるのかと聞かれた=Noと回答。本当はNothingの方がよかったか。でも通じたし、帰りの搭乗券とSATS Premier Loungeのインビテーションを貰うことが出来たので良しとしよう。

f:id:SFC2019_SIN:20190117220613p:plain

  • SATS Premier Lounge
    • ラウンジの案内ですぐ場所はわかる。
    • スクリーンショットを撮った、オンラインチェック時に自動で送られてくるメールで入室できた。
    • 午前1時ごろ、3時間前など関係なく入室できた。
    • 前の人は、3hourと滞在可能時間を言われていたようだが、私は一言も話さず入室できた。
    • ラウンジ専用のWiFiも利用できたが、1回目はスマホからの登録が必要だった。(2月2日以降では、登録不要でパスワードがFreeに変更されていた。)
    • 深夜でもアルコールがあった。
    • 深夜の食事はあまりよくない。昼間は良さそうな記事が多いが?
    • シャワーはトイレと同じ場所(まだシャワーは利用していない。ドライヤーの置いてある場所があった。)
    • 運が良ければ一人用の区切られたスペースに入れる。多少寝やすいかな?
    • 午前1時から3時ぐらいまで利用しました。

f:id:SFC2019_SIN:20190116191657p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116191721p:plain

f:id:SFC2019_SIN:20190116191740p:plain
運がよければこんなところでも休憩できる。今回は利用できました。

  • Anbassador Transit Lounge
    • 意外と場所がわからない。
    • SATS Premier Loungeから同じフロアでは行けない。いったん下へ降りてトランジットホテル・F方向へ少し進み、再度エスカレーターを上がるとある。
    • Priorty Passを利用して入場した。サインを求められる。
    • WiFiのパスワードは、何も言わなくても記入された小さな紙を渡してくれた。モバイル搭乗券を見せたせいか?
    • アルコールはなし。深夜の時間帯のせいだと思う。
    • タバコが吸える。(ラウンジから外へ出てタバコが喫える。ソファーもあり快適。ラウンジでタバコが喫えるのはここだけみたい)これだけでも行く価値がある。と思うのは私だけか?
    • トイレ、シャワー室は同じ場所。入り口のすぐそばから入る。中からは行けない。しかも、男女兼用。トイレも。とってもきれい。中のおばさんにタオルはいるかと聞かれた。(まだシャワーは利用していない)
    • 食事は期待しない方がよい。
    • 左奥側が暗くて寝やすいか?

f:id:SFC2019_SIN:20190116192316p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116192342p:plain

f:id:SFC2019_SIN:20190116192419p:plain
素晴らしすぎる外の喫煙所、寝られるじゃん。

f:id:SFC2019_SIN:20190117220807p:plain
Anbassador Transit Loungeは、この真上にラウンジがあります。

f:id:SFC2019_SIN:20190117220943p:plain
Anbassador Transit Loungeは、このエスカレーターを上げればすぐです。

  • チャンギでの搭乗前の荷物チェックについて
    • 特別時間が必要というわけではありません。あまり心配しなくても平気です。
    • 荷物チェックGateといっても、チェックをするのは自分が搭乗する便だけで、他の便の人と混ざることはない。よって、それほど時間はかかりません。(他の便と兼用のゲートもあるようですが、4回目まではすべて専用ゲートでした。)
    • 荷物チェック後、直ぐにパスポートと搭乗券のチェックがあります。もちろん、モバイル搭乗券(自分で送った方)で何の問題もなく通過できました。(少しハラハラドキドキできたが)
  • 復路は、プレミアムエコノミー

f:id:SFC2019_SIN:20190116192839p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190116192937p:plain

f:id:SFC2019_SIN:20190116193025p:plain
プレエコ最前列のため足は届かないレベル
f:id:SFC2019_SIN:20190119102631p:plain
何たる不覚。写真を撮る前に一口食べてしまった。テーブルが狭い。ビジネスが広すぎたため余計に狭く感じた。いつもはただのエコノミーなのに。

  • 帰国時にも顔認証Gateを利用しました。
    • 顔認証Gateはガラガラ。
    • Gate通過後、出国と同じように係官にハンコを貰いました。
    • 仮にハンコを行きも帰りももらわないとすると、パスポートには何も記録が残りません。システムとしてはそれでも良いということなのでしょうが、税関でのトラブルを避けるためにも、一応ハンコを貰った方がよいのでしょうか?わかりません。
    • 日本入国時の税関でも、入国用の税関用カードに記載して、パスポートとともに渡したら、あっという間に通してくれました。Anbassador Transit Loungeの外で喫煙したソファーを見てください。荷物はこのバック一つだけです。こんなバック一つでも何も怪しまれることなく日本の税関もパスしました。俺って人相がいいのかな?と勘違いしてしまいそうです。なお、何も悪い物はもちろん持っていませんので荷物を広げられても大丈夫なのですが・・・

f:id:SFC2019_SIN:20190119172104p:plain
シンガポールへ入国しなくても、日本への入国には問題はありませんでした。
 以上で、第1回目の修行は終了です。

==========================================

第2回目の修行(2019年1月26日~27日)

f:id:SFC2019_SIN:20190129182828p:plain
成田の自動チェックイン機で出力した往路の搭乗券。モバイル搭乗券を利用したのでお土産になった。復路も時間がなくトランジットカウンターに寄れずモバイル搭乗券を利用。復路の搭乗券はありません。残念。

f:id:SFC2019_SIN:20190128173148p:plain
2回の修行で2万PT達成です。
f:id:SFC2019_SIN:20190128173255p:plain
2回の修行で2万PT達成です。

f:id:SFC2019_SIN:20190128192540p:plain
往路のANAラウンジ内、この時は天気よかったのに

f:id:SFC2019_SIN:20190128192645p:plain
この席の向こうが喫煙所。見渡しも良くお勧め。

f:id:SFC2019_SIN:20190128192800p:plain
おいおい!雪が結構降ってきた。

  • 往復ともにプレミアムエコノミーで完了
    • 第2回目の修行は、往復プレエコのまま修行をしました。
  • 往路、雪の影響で6時間の遅延
    • なんと、6時間も飛行機内に缶詰め。深夜0時を回ってから成田から飛び立ちました。これって、いいのかな?成田って23時までしか発着できないと思っていましたが?
    • 成田の駐機場で、食事もお酒も飲んで、映画も1本見終わりました。貴重な経験でしたが、今回の修行が中止になりそうで内心は心配していました。
    • 下記は解氷作業中の様子です。最初のアナウンスは13機目の順番待ちとのこと。その後11番になって、23時ごろ解氷作業が開始されました。

f:id:SFC2019_SIN:20190128173534p:plain
解氷作業(初めて見た)

  • 本当は、ラウンジのまま待機したかったが、ドアクローズで解氷の順番を待つのかもしれない。よって、機内で待つこともやむを得ない、と自分自身で納得するが、本当のことは私には分からない。

f:id:SFC2019_SIN:20190128192943p:plain
本日の隣は外人さん。でかい。足長い。
f:id:SFC2019_SIN:20190128193116p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190128193505p:plain
雪による遅延の航空機内では、飛んでいないのに飲み物、食事まで出てきた。CAさんご苦労様です。飲み物は何回も何回も配っていました。揺れない食事、初体験です。

  • 機内に搭乗してから13時間後にチャンギへ到着。さすがに疲れました。(まるでニューヨーク便のように時間がかかりました。)

f:id:SFC2019_SIN:20190128193652p:plain
今回の機材は77Wスターウォーズ仕様でした。

f:id:SFC2019_SIN:20190201084431p:plain
BB-8 ANA JETカードを往復で2枚貰いました。これ1枚ではなく2枚の表裏を並べたものです。

  • 復路は、シンガポール到着後1時間で出発
    • 遅延のためF54に到着(前回はE5)
    • なんと滞在時間1時間。飛行機を出たら、NH802便は出発時間が7:10に変更されたした。とカードを持った職員がいるではないか。事前に同じ飛行機に乗って帰ることを調査済みだったので、遅延しても多分問題ないだろうとは思っていたが、飛行機を出た瞬間に残された時間が1時間であることが分かった。因みにこれって修行層向けのお知らせですかね。とんぼ返りですから。まさか私だけのためではないですよね。ANAさん。地上職員が2名いましたし。乗り継ぎの案内もあるでしょうから。他にも同機で帰国する仲間がいたことを願いたい。
    • 搭乗の1時間といってもチャンギ空港はGateに入る前に荷物チェックも受けなければならないため、遅くても30分前にはGateに入らなければならない。(心配性の私は)トイレ行って、何より一服(たばこ)しなければならない。何しろ成田の搭乗から遅延のため13時間以上経過しているのである。ここで一服しなければ機内で暴れそうである。(バカな私ですみません。暴れはしませんが。)そして、TWGでマカロンも買わなくては。を20分でクリアし、無事F54ゲートに到着。因みにTWGではANAカード利用でサインではなくパスワードの入力で購入です。(S$精算)

f:id:SFC2019_SIN:20190128180359p:plain
待望のTWGマカロン。遅延のおかげでお店が空いていました。

  • 今回はトランジットカウンターで搭乗券はもらわなかった。(時間がないため)前回同様モバイル搭乗券での搭乗です。しかも、自分で送ったやつの方(こちらはWiFiがなくてもQRコードが表示されるため)。ただし、日本を出発前に紙の搭乗券も印刷して持ってはいましたが利用せず。
  • 往復共にすべての搭乗券は、モバイル搭乗券(自分で送るQRコード付き)で対応し、まったく問題ないことを、成田でもチャンギでも再確認した。今回はチャンギでのラウンジの確認はできませんでした。

f:id:SFC2019_SIN:20190128194004p:plain
F54の荷物検査後の待合室より撮影

f:id:SFC2019_SIN:20190128194917p:plain
いよいよ離陸です。チャンギの滑走路。

f:id:SFC2019_SIN:20190128194130p:plain
足はやっぱり届きません。

f:id:SFC2019_SIN:20190128194325p:plain
77Wプレエコ最前列のディスプレイ。前の壁についてます。

f:id:SFC2019_SIN:20190128180549p:plain
復路はBオムレツを選択。ビールにはソーセージでしょ。1本しかないけれど。

f:id:SFC2019_SIN:20190128194600p:plain
翼の向こうに富士山が。見えるかな?ルートにもよりますが2回目は見えました。

  • 定刻14:30成田到着
    • 定刻から1時間遅れの7:10発(現地時間)でも、偏西風のおかげで追い風となりほぼ定刻の14:30成田到着

f:id:SFC2019_SIN:20190129180127p:plain
1回目、2回目のハンコが綺麗に揃いました。顔認証Gate後の係員にページを開いて押してというと綺麗に押してくれました。

  • 教訓
    • トラブルは付き物(今回は遅延で済んだが、欠航も視野に入れて検討しておこう)
    • NH801便とNH802便は同一航空機による運航なので、遅延しても乗り遅れる心配はなかったが、異なる航空機の場合は大変である。修行では、こんなところも調べる必要があることを再確認した。
    • NRT-SIN単純往復でよかった。OKA-SINタッチなどではやはり体がもたないことを実感した。なんせ当方50代ですから。しかも・・・後半。


==========================================

第3回目の修行(2019年2月2日~3日)

f:id:SFC2019_SIN:20190204200004p:plain
プレエコ→ビジネス→ファーストクラスへの2段階アップグレード

  • 平会員でも往路ファーストクラス、復路はプレエコ
    • 1月24日、往路ビジネスへのアップグレードが確定
    • 1月31日、2日前のお昼になるとブロック席が解放されるという情報を元に試してみるが、平会員では無理でした。
    • 2月1日、24時間前になるとオンラインチェックインが可能になり座席指定が可能とある。もしかしたらこのタイミングでならブロック席が解放されるのか?と期待して、オンラインチェックインから座席指定に進んでみると、平会員でもファーストクラスの座席指定(1列目、2列目)が可能になっているではないか。速攻キープ。2Aが確保できました。まだ、残り数席ありました。
    • 789ではビジネスとプレエコ、エコノミー構成ですが、77Wの場合Fクラスが座席的にはビジネスに開放されており、搭乗できるチャンスがあります。今回はラッキーなことに18000マイルで、プレエコ→ビジネス→ファーストと2段階アップグレードです。2月7日までしか77Wは飛びません。最後のチャンスに感謝です。
    • チーフパーサーからの挨拶もありました。

f:id:SFC2019_SIN:20190204195650p:plain
チーフパーサーさんが写真も撮ってくれました。

f:id:SFC2019_SIN:20190204200353p:plain
シャンパンで
f:id:SFC2019_SIN:20190204200520p:plain
白ワインで
f:id:SFC2019_SIN:20190204200610p:plain
赤ワインで
f:id:SFC2019_SIN:20190204200648p:plain
おかわりの赤ワインで、チーズプレート

  • 後半1時間ぐらいフルフラットにして仮眠。
    • 起きてシート直して・・・としていたら、CAさん、「少しはお休みになれましたか?」と温かいおしぼりを速攻サービス。77Wのファーストクラス開放(ビジネス)は、なんちゃってファーストと思っていたが、サービスはやっぱり一ランク上かもしれない。もう二度と乗れないだろうな。2月7日までしか77W飛ばないし。

f:id:SFC2019_SIN:20190209110821p:plain
二度と乗れないFクラスだろうな

  • T2~T1~T3の往復
    • 徒歩で1時間30分必要、しかも空いているうえに動く歩道はすべて歩いての時間です。どんなに頑張っても徒歩では1時間で戻ってこれないと思ってください。(Sky Train深夜は運転してません。)連絡バスは次回に期待してね。
    • 深夜は、警察+マシンガンを持った兵士がたくさんいた。私は無事ノーチェックでしたが。椅子に座っている人や寝ている人にパスポートの提示を求めていた。
    • TWG、T3は24時間営業、TWGの紅茶は絶対に購入してください。ティーバックは1箱2000円程度(15個入り)で購入できます。お土産で1個だけしかもらわなくても私なら十分満足してしまうほど素晴らしいです。BLACK TEAが特におすすめ。この香り、味、何とも言えません。軽いし、何人にも配るお土産にも最適です。

f:id:SFC2019_SIN:20190205212003p:plain
ターミナル1、深夜はガラガラ

f:id:SFC2019_SIN:20190205212114p:plain
ターミナル3、こちらもガラガラ

f:id:SFC2019_SIN:20190205212157p:plain
深夜でも派手な LOUIS VUITTON

f:id:SFC2019_SIN:20190205212315p:plain
24時間営業のターミナル3のTWG、深夜は空港内ではここしか営業していない。

f:id:SFC2019_SIN:20190205213850p:plain
本当に匂いが素晴らしい。お土産の定番。深夜T3遠くても行く価値あり。

f:id:SFC2019_SIN:20190205214000p:plain
もちろんマカロンもお忘れなく。サクサク感がたまらない。1個約150円

  • SATS Premier Lounge
    • WiFiは、パスワード無しに変わっていた。(改良)
    • 食事も前回よりずっと良かった。チーズやハムのおつまみまであった。

f:id:SFC2019_SIN:20190205212424p:plain
入口

f:id:SFC2019_SIN:20190205212516p:plain
前回よりおつまみが充実、WiFiもFreeパスワードの変更されていた。

  • Anbassador Transit Lounge
    • シャワーを浴びてきました。

f:id:SFC2019_SIN:20190204201732p:plain
中の奥におばさんがいて(前回もいた)タオルというと、空いているシャワールームを教えてくれた。

f:id:SFC2019_SIN:20190205212747p:plain
毎度おなじみのラウンジから行ける喫煙所(素晴らしい)

f:id:SFC2019_SIN:20190205212906p:plain
食事も前回よりレベルアップされていた。

  • 復路プレミアムエコノミー
    • 18?(77Wのプレエコ最前列)指定できるなら絶対に最前列がお勧め。もちろん短い脚の私には、前の壁に足が届きません。因みに、窓側2座席の方が、中央3座席より少しだけですが足元が広そうです。中央座席の人は足を前の壁につけていた人が結構いましたから。(789は、どこでもほとんど変わりません。4回目より)

f:id:SFC2019_SIN:20190205213459p:plain
一風堂(意外と小さいです。)NH802の復路プレエコでは昼食がパン1個です。食べておかないと成田からの帰宅時お腹すきますよ。

  • 航空機スピードメーター(手持ちのため上下左右の傾きはいい加減です。)
    • 今回お試ししてみましたが。意外と楽しい。ただし、なかなかGPSを拾わない。スマホの性能が悪いのか。窓側の席以外では利用できないかもしれません。GPS信号のみで動作します。

f:id:SFC2019_SIN:20190204201001p:plain
航空計器スピードメーター:復路、離陸後少したってから(848Km/h,8183m,北緯1度23分24秒)
f:id:SFC2019_SIN:20190204201318p:plain
復路:沖縄を超えてからジェット気流のため速度が高くなった。速度1137Km/h,高度11696mの表示
f:id:SFC2019_SIN:20190204201640p:plain
復路:プレエコの食事

f:id:SFC2019_SIN:20190227110312p:plain
今回の搭乗券、利用したのはA4白黒印刷のもの。4つ折りでポケットにしまっていたので少しヨレヨレ。搭乗&ラウンジすべてこれでOK。モバイルより使いやすい。毎回このすべてとモバイル搭乗券2種類とスクリーンショットを用意してチャレンジしてます。

  • 3回目は画像にあるように、自宅で印刷したA4白黒搭乗券を往復とも利用してみました。往復とも全く問題なく利用できました。もちろんラウンジも含めてです。免税店でも搭乗券は必要だし、紙の搭乗券の方がモバイル搭乗券よりも簡単で使いやすく、かつ、読み取りがいいように感じました。スマホのモバイル搭乗券でも、もちろん利用できましが読み取り時に何回かトライすることもありました。印刷された搭乗券は常に簡単に読み取れるようでなので、お勧めはこちらです。

f:id:SFC2019_SIN:20190204202031p:plain
綺麗に3往復分揃いました。顔認証Gate後、係員にページを開いて押してもらえば綺麗に揃います。たぶん。

  • 税関は、またもバックひとつで通過。荷物はこれだけですか?そうです。で何の問題もなし。やっぱり人相がいいのかな?

f:id:SFC2019_SIN:20190204200210p:plain
3往復で3万PT超えました。

  • 何たる不覚。3万PT超えてすぐブロンズになると思っていたら、事前サービスは4月中旬からだった。後半の4回目、5回目はボーナスマイルが増えると思っていたので誤算であった。ブロンズ体験なしの4月のプラチナ事前サービスまで待つしかない。残念。因みに4月以降にブロンズやプラチナ事前サービスを受けられる方は、搭乗後2日後にステータスが変わるそうです。

==========================================

第4回目の修行(2019年2月23日~24日)

  • 往路アップブレードのビジネス(2K)、復路プレエコ(15A)。
  • 成田で、復路の搭乗券が発見できました。
    • 今回もオンラインチェックイン完了後に印刷できるA4に印刷(自宅で印刷、白黒)した紙の搭乗券を利用し、全工程を問題なく完了しました。何回も言いますが、モバイル搭乗券より確実で、しかもこちらの方が使いやすいです。お土産買う時も、搭乗時も、ラウンジでも4つ折りにしてポケットに入っている紙を1枚差し出すだけでOKです。けれども修行&ブログで情報発信をしている訳ですから、このままでは終われません。で次項に進みます。

f:id:SFC2019_SIN:20190227112745p:plain
この写真はAカウンターですが、Bカウンターはこの反対側です。

  • 成田のB(ビジネス)カウンターで、往路の搭乗券を発券しに行くと、カウンターのお姉さん「6時間の滞在、お仕事ですか?」と、ニコッときました。こちらも引き攣りながら「修行です。」と答えたら、「帰りの搭乗券を発券しましょうか!」と予想外の回答が戻ってきました。もちろん「お願いします。」と発券してもらいました。
  • もともと今回はパスポートコントロール後に乗り継ぎカウンターで復路の搭乗券を発券してもらうことをテーマにしていたので、拍子抜けというか、あれ?こんなに簡単にできるの?他のブログでは、出来ないだの、出来るが混在しほとんど諦めていました。が結果はあっけなくOK。いつから可能になったのか?システム的には可能なことが実証された。

f:id:SFC2019_SIN:20190227114703p:plain
成田で無事発券できた搭乗券。往路はこの後Gate51に変更。復路の搭乗券には搭乗口の記載がありませんが、これが成田で発券できた証拠とも言えます。SIN発券では必ず搭乗口が印刷されますので。

  • 今回の復路の発券ができたことを纏めると、ルートはNRT-SIN単純往復。往路・復路共にオンラインチェックインが完了していた。空港は成田、カウンターはBビジネスカウンター、受付の相手はやさしそうなお姉さん。往路はマイルでアップグレード、復路プレエコ(Eクラス)2019年2月23日15:30頃に発券できました。これが復路が発券できた私の状況です。何が必須条件か良くわかりませんが、雰囲気的には復路のオンラインチェックインが完了していれば、出来るような気がします。(次回は5回目の最終回、再度復路発券をチャレンジし、かつ、お姉さんに、どういう条件なら復路の発券ができるのですか?と勇気をもって正直に聞きたいです。聞けるかな?心配ですが。)

f:id:SFC2019_SIN:20190225193223p:plain
ほぼ毎回同じところから撮影している喫煙所そばのANAラウンジ。証拠の搭乗券と一緒に写真を撮りました。

f:id:SFC2019_SIN:20190225193907p:plain
もう1枚は、成田ANAラウンジの最左奥のカウンター席から見える乗り継ぎカウンターです。お寿司の出るシェフサービスは本日は16:15頃終了しました。(本来は15:30~16:30までのようですが)搭乗券、場所、時間帯これで復路成田発券がさらに証明できると思います。

f:id:SFC2019_SIN:20190225200807p:plain
往路2Kのビジネスクラスはこんな感じ

f:id:SFC2019_SIN:20190225202038p:plain
今回の食事も洋食です。789は77Wとテーブルの大きさも出し方も異なります。77Wの方が大きかったです。

f:id:SFC2019_SIN:20190225201036p:plain
ビジネス3回目で初めてデザートを頂きました。チーズプレートの方が良かったかな。でも両方と言えたらもっと良かった。次回はチャレンジしてみるぞ。

f:id:SFC2019_SIN:20190227115810p:plain
空とんもリクエストしてみました。復路(プレエコ)のカップラーメンとは格段の違いです。しかもグラスに水まで添えてありました。ANAのCAさん、良い仕事しています。

f:id:SFC2019_SIN:20190225194752p:plain
初めての789は、経路図も綺麗だし、何より動くではないか飛行機が!(ビジネスクラスの画面)

  • 午前0時40分頃チャンギへ到着。
    • 速攻TWGへ向かい紅茶を8箱購入した。これで職場へのお土産&ホワイトデーのお返しが購入できた。1時までのオープンですので遅延した場合はT3ターミナルへ行かないと購入できません。良かった。
    • 軽いと思っていた紅茶でも8箱もあると意外と邪魔だし重い。空っぽのバックの方が軽いぐらい。

f:id:SFC2019_SIN:20190227122807p:plain
Black Teaのみ8箱買いました。S$186.83=約15,500円

f:id:SFC2019_SIN:20190227123025p:plain
因みに購入時刻は、00:44でした。

f:id:SFC2019_SIN:20190225201654p:plain
T2ターミナルのイミグレと、T3連絡バスはここから行くようだ。深夜のバス移動に次回はチャレンジ。

f:id:SFC2019_SIN:20190225203010p:plain
SATS Premier Loungeでは、深夜でもタイガービールが飲めます。ワイン(多分あまり高くないやつ)もあります。

f:id:SFC2019_SIN:20190225200641p:plain
復路15Aのプレエコのシート

f:id:SFC2019_SIN:20190225195104p:plain
復路15Aの座席、朝食はBを選択、TVは座席間の下の方から出します。テーブルは座席間のひじ掛けのところから出します。食事の時もTVも出しておけますよ。

f:id:SFC2019_SIN:20190225195811p:plain
こんな画面も

f:id:SFC2019_SIN:20190225195955p:plain
こんな画面も楽しめます。プレエコモニタです。

  • さすが最新の789ですね。と言いたいところだが、良いことばかりではない。
    • 77Wは、航空計器スピードメーターというアプリが動作したのに、789は動作しない。(前回にこの情報は掲載されています。)調べてみると、GPS信号を787機種は受けられないらしいです。まあ、上記のようにモニタ画面にいろいろな情報が出るので良しとしましょう。

f:id:SFC2019_SIN:20190225201340p:plain
今回は復路で富士山が見えました。789の15Aより

f:id:SFC2019_SIN:20190225194530p:plain
4回の修行の出国&入国スタンプです。ここまでそろったのですから、5回目も綺麗にハンコ押してください。係官様

f:id:SFC2019_SIN:20190227134524p:plain
4回で4万PT達成です。後1回頑張るぞ!

==========================================

第5回目の修行(2019年3月9日~10日、全行程完了です)

f:id:SFC2019_SIN:20190311181704p:plain
成田で再度復路の搭乗券を発券しました。条件さえ一緒なら帰りの航空券は確実に成田でゲットできます。

  • 往路アップブレードのビジネス、復路プレエコ。
    • 往路3A、復路15A
      • 3Aは非日常空間。スタッガードのビジネスは快適そのものです。
      • 最後の5回目も復路は窓側です。通路側にしようと思ったのですが直前では無理でした。数か月前の航空券購入時に選んでおかないとこうなりますという失敗例です。
    • 椅子と壁の間は第3の荷物置き場
      • ビジネスでもプレエコでも同じことが言えます。
      • 毛布、枕などの置き場にピッタリ。プレエコ通路側だとこのスペースはありません。
      • 隙間に毛布や枕を挟まないと、椅子に置いたまま座ることになり、意外と邪魔です。
  • やっぱり復路の航空券は成田で発見できます。
    • 今回は自分から「帰りの搭乗券もオンラインチェックインが済んでいます。帰りの搭乗券も発券できますか?」と言いました。
    • すると、「えー」という表情もなく、すんなり発券できました。
    • 「帰りの搭乗券は、無くさないようにバックにしまっておいてくださいね。」みたいなことを最後に言ってくれました。
    • 場所は成田Aのビジネスカウンターです。

f:id:SFC2019_SIN:20190311190144p:plain
789 3Aのシートはこんな感じです。

f:id:SFC2019_SIN:20190311184930p:plain
3月になり食事も多少変更されています。(往路ビジネスクラス

f:id:SFC2019_SIN:20190311185043p:plain
こちらも3月に入り変わりました。

f:id:SFC2019_SIN:20190311185232p:plain
メインのヒレステーキも付け合わせとかが多少変わっています。

f:id:SFC2019_SIN:20190318173119p:plain
デザートにチーズの盛り合わせ、両方頂きました。今回はブルーチーズがガラスの容器ではなくお皿に盛られていました。

f:id:SFC2019_SIN:20190311184521p:plain
映画は毎月新しいものが追加されます。3月になって最新のハリーポッターも追加されました。

  • ビジネスの食事は、少しづつですが毎月変わるようです。
  • 一方のプレエコの食事は、この3か月ほとんど変わりませんでした。
  • 毎月、新しい映画も追加されます。毎月5本ぐらい追加されているイメージです。しかもそのほとんどは最新の映画です。毎月ANAに乗れば最新の映画は、洋画も邦画もほとんどカバーできます。(実際はそうでもないでしょうが、それほど最新版が公開されているようなイメージでした。)

f:id:SFC2019_SIN:20190318172732p:plain
789の3Aはこんな感じです

  • サービスに明記している内容は、重複してもOK
    • 往路、デザートとチーズプレートの両方をお願いします。と言えました。そうしたら「フルーツもいかかですか」と持ってきてくれる時に言ってもらえました。
    • ホームページやメニューで紹介されている、1回目の食事の終了後希望できるものは、基本的にすべて頼んでもANAのCAさんは気持ちよく受けてくれると思います。
    • ビジネスなら、お腹に余裕のある人はカレーだって、たこ焼きだって、ハーゲンダッツだってリクエストできます。飲み物のお替りも当然、何回でもOKです。

f:id:SFC2019_SIN:20190311184238p:plain
789-3Aスタッガード席より(もうすぐシンガポール到着です)

  • お詫び
    • 最終回のテーマだった深夜のターミナル間のバス移動。出来ませんでした。ガッツがなかったです。
    • バスで到着する人の列がイミグレからエスカレータで上がってきていたので、確約はしませんがたぶん可能と思われます。
    • ターミナル1.2.3、たぶんすべてのターミナルで、イミグレに向かうエスカレーターを降りる。そして、イミグレではなく「Bus to T3」などの案内に従って進めばいいようである。
    • 他のブログなどではイミグレを通過しないと連絡バスがない。という記事もあるようですが、たぶんそんなことはなく、深夜のターミナル間の移動はバスでできると思う。というのが私の回答です。実際にしていない。というのが最大の難点ですが。

f:id:SFC2019_SIN:20190317141648p:plain
T2のイミグレへ向かうエスカレーターを降りるとバスの案内があります。

f:id:SFC2019_SIN:20190312185916p:plain
T2にも映画館がありました。Anbassador Transit Loungeの横を奥に入ったところ。フラワーガーデンへの出口の隣です。

f:id:SFC2019_SIN:20190312190300p:plain
Anbassador Transit Loungeラウンジの座席にはコンセントが完備

  • もちろん、SATS Premier Loungeでもコンセント、USB電源も困ることはありません。シンガポールチャンギ空港は、いたるところにコンセントがあります。ラウンジ内はなおさらです。充電の心配はいりません。

f:id:SFC2019_SIN:20190312190434p:plain
Anbassador Transit Loungeは、WiFiパスワードはラウンジ内に掲示されています。因みにSATS Premier LoungeのWiFiは現在はFreeです。

f:id:SFC2019_SIN:20190318171705p:plain
シンガポールチャンギ空港出発です。789 15Aの座席より(離陸時は個人モニター利用できないので壁にかかったモニターです。))

  • 最終回の5回目、復路では朝食終了後、なんと3時間近く消灯。
    • お昼の12時になって消灯が解除された。
    • 私のように寝て帰る人にはありがたい。しかし、映画見て、食事を楽しんで、お酒も飲みたい人には困ったサービスだと思う。
    • しかも消灯の間、CAの姿はあまり見かけない。コールで呼べば来るだろうが。
    • 私が寝ていた時間にたっぷりサービスし、私が起きている時だけサービスが少なかったのかもしれないが、他の4回はそんなことありませんでしたから、今回は改善の余地ありですCAさん。

f:id:SFC2019_SIN:20190318172129p:plain
プレエコ15Aの座席です。789はプレエコ2列しかありません。

  • プレエコは自分から言わないと機内でのサービスが受けられない。(何も希望しなければエコノミーとほとんど変わりません。)
    • 上記の消灯の問題は5回目だけでしたが、基本的にプレエコではサービスは自分から希望しなければ実現しない。と思っていた方が良いでしょう。
    • CAさんによりいますがプレエコでは、ビジネスクラスのワインも、一風堂のラーメンなども含めて希望をしない限りCAさんから勧めてくれません。ただし、1回もないかと言えばそうでもなかったのでCAさん次第です。それとも寝ている人にはあまり声をかけない(これは基本です)ので、私が眠そうにしていたのかもしれません。
    • どちらにしても、サービスをあきらめてはいけません。
    • 堂々とサービスを希望しましょう。それができるのもプレエコの特権です。必ずANAのCAさんは笑顔で答えてくれます。ただし、ビジネスと比べてはいけませんよ。

f:id:SFC2019_SIN:20190311185459p:plain
復路の朝食。Bを選択。やはり毎回少しづつ異なるのはシンガポールで作っているせいなのか?本当のことは分からない。日本だったら盛り付けの場所まで必ず管理されているはずでしょう。たぶん。

f:id:SFC2019_SIN:20190318172327p:plain
毎回同じような画像ですみません。15Aは足が壁に届きません。

f:id:SFC2019_SIN:20190312190830p:plain
最後のフライトの789。楽しい修業ありがとう。

f:id:SFC2019_SIN:20190312173516p:plain
翌日、無事5万PT達成しました。

==========================================

準備編

  • 何がなくてもこれだけは用意しなければ修行は成り立たない。(ANA CARD と PRIORTY PASS)
    • いうまでもなく、SFCカードを作成するのが目的ですから、ANAカードは必須です。そして、シンガポールで利用するラウンジのためにPRIORITY PASSもまた必須です。PRIORITY PASSは、楽天プレミアムカードの付帯としてもらいました。なお、ラウンジはSATS Premier Loungeだけでよいという方は、このPRIORTY PASSはいりません。

f:id:SFC2019_SIN:20190119112829p:plain

  • なぜ、NRT-SINなのか?
    • 当初は、8月の売り出し開始と同時に購入することで、HND-OKAプレミアムクラス9往復を計画していたが、チケットが取れないため断念。それに反してNRT-SINのプレミアムエコノミーのチケットは、ほぼ希望通りのチケットを簡単に購入できた。このチケット購入のストレスだけでも、私にとってHND-OKAは考えたくもない。
    • 何といっても50歳代、体力的にきつい修業は無理である。OKA-SINタッチを選択しなかったわけはここにある。
    • KUL-OKAタッチであれば、40万円程度で実現できたと思うが、118,660円×5回=593,300円が必要だった金額である。ただし、実際はSkyCoin160000円分が差し引かれ、433,300円が支払った金額である。
    • エアチャイナのビジネスクラスも検討した。因みにアシアナビジネスも検討した。でも結局はANAプレエコを私は選択。エアチャイナの北京での乗り換えや遅延は精神衛生上私には耐えられないと判断。韓国に10回以上行っているのに、最近の韓国はおかしい。と感じ始めている。よって、アシアナも今回はパスした。
    • それなりに金額は必要であったが、宿泊代はいらないし、食事代もいらない。NRT-SINタッチは、体力的にも金額的にも十分価値ある選択肢だった。
    • 情報の多さも重要である。シンガポールタッチの経験談はそれなりにネットで探せたが、クアラルンプールタッチはあまり情報がない。安全性、そしてラウンジをはじめとする空港での過ごし方は修行僧にとっては意外と重要。シンガポールを選択した理由はそんなところにもある。
    • 土曜日のお昼過ぎ(13:15)に自宅を出て、高速バスで成田へ。ラウンジでゆっくりした後、往路へ搭乗し、シンガポールでもラウンジ2件をはしごして復路へ搭乗。日曜日の14時ごろ成田へ到着し、17時半頃には自宅に到着。ずーっとお酒を飲んでゆっくりした感じ。もちろんそれなりには疲れたし、復路は眠かった。でもきつくはなかった。実施していないからわからないが、NRT-SINの前後に沖縄往復をプラスしなくて本当に良かったと3回終わった現時点で思っている。お金に換えられない修行での楽しさを味わい始めている昨今である。

f:id:SFC2019_SIN:20190318173959p:plain
スマートフォンに入れていつでも見れるようにしていたチャンギの見取り図

  • 航空券の購入
    • 確実にオンラインチェックするためにはANAのHPから航空券を購入するのが一番確実。SFCのためには、25000PT分のANA搭乗でも良いのだが、今後お世話になるANA便にすべて搭乗することにした。安心感が違うし言葉の問題もない。何よりCAさんが親切でもある。愛想が悪く、弁当を物のように置いて消え去っていく外人CAさんにはどうも馴染めない。この辺でもANAは素晴らしい。
    • 2回目に修行で復路が同一航空機で良かったと感じた。(遅延6時間のため、詳細は第2回の修行で)トラブル時のチェックも修行では必要である。皆さん気を付けて。
    • チャンギでの滞在時間や時間帯、成田or羽田を含めるとシンガポールタッチといえども、いろいろなパターンが存在する。遅延時なども含めて調査後航空券を購入したほうが良い。
  • Skype
    • トラブル時対策のために、WiFi環境ではあるが電話ができる体制を確保しました。
    • 実際に利用することはなかったですが、ANAの東京の電話番号や、シンガポールの電話番号なども調べておきました。航空機の遅延、欠航、振替便などは日本語でお願いしたり理解することは非常に大事である。なんせ独りぼっちですから。
    • 英語ではなんとなく理解できても確実に返事をすることができるのか、安易にYesもNoも言えないし、こんな時電話があると良いと思い用意していました。
    • 結局利用しませんでしたが、1000円ちょっとチャージしましたが、まあ安心料ですね。
    • Skypeは3カ月に1回程度ワンギリでもすれば有効期限は延長できるようなので今後も継続して使ってみます。なお、通話は非通知ですので事前に相手に非通知だよ、と伝えておくといいですよ。

f:id:SFC2019_SIN:20190406172751p:plain
5回目の復路プレエコ、午前11時なのに消灯中(なぜかな?困ったもんだ)

  • 食事
    • 往路と復路で結構な違いがある。何を優先するかで航空券を購入する前から検討しておくとよい。
    • 豪華なフルコールのような食事を期待するなら?往路NH801はこちらに該当する。
    • アルコールにしても、時間帯によっては飲んべえの私でさえ、そこそこしか飲まない。こちらも量、種類ともに堪能したければディナーに準じるコースメニュー時を選択した方が良い。
    • 不思議なことに、2~5回は続けてBを選択したが(1回目はA)、Bは毎回少しだけ異なる。中身はあまり変わらないが、味や調理方法は確実に異なると思う。なぜかは分からない。調理がシンガポールだからなのか?不明である。

f:id:SFC2019_SIN:20190208205618p:plain
復路の朝食、AよりBがお勧めです。ただし好みもありますが。
f:id:SFC2019_SIN:20190129180408p:plain
機内でもらえる水(これ絶対にもらっておきましょう)

  • 座席
    • すべてのチケットを約半年前(2018年9月購入)に購入済みのためすべてプレエコ最前列を確保できた。リクライニングを後ろの人に気遣わずに済む、という理由からプレエコ最後列という案も否定しないが、それより最前列の足元の余裕に私は魅力を感じた。(3回目までの感想)
    • プレエコ最前列
      • 食事をするしないに関わらず食事用のテーブルを出してしまうと前の荷物入れに手が届きません。食事前にスマートフォンなどは手元に置いておかないと、写真取れませんよ。(普通の人は撮らないか)
      • 身長170cmの私では、前の壁にはなかなか足が届きません。無理をすれば届くレベルです。
    • 列はAかKか、真ん中か?
      • 個人の好みもあると思うが、最前列なら窓側、そうでなければ通路側だと思う。
      • 最前列ならトイレに立つ際もあまり隣を意識せず通路に出られます。(隣の人にも左右されるが)
      • 窓からの景色は往路は真っ暗でどちらでも同じ。復路はA側の方が眩しくなくてよいかも。(それでもほとんどの方はサンシェードを下げていました。)K側はサンシェードを下げないと眩しくていられません。789にはサンシェードがありませんが、液晶シャッターの真ん中ぐらいが自動で選ばれるようです。(変更は可能です。)
      • 眺めもそんなに変わりません。ほとんどが海の上ですから。ただ、復路は運が良ければ少しだけ富士山が見えます。
      • 最も大事なのは目的です。往路であれ、復路であれ、ビジネスであれ、プレエコであれ、寝ることを主体にするなら窓側です。CAさんのサービスを少しでも多く受けたいなら通路側です。CAさんを呼びやすい=アルコールなどの注文がしやすい。トイレに行きやすい。をメインに考えるならこちらです。
  • アップグレード
    • 1月16日現在、往復10レグ中3レグがアップグレード決定済み。スタッガードビジネスクラスに乗ってしまうと、もう戻れない。プレエコでもしょぼく感じてしまう。
    • 1月24日(搭乗日ではありません。)第3回目の修行の往路アップグレードが確定(合計4レグ確定)。77Wの1列目2列目のファーストクラス席にはアップグレードでは座席指定はできなかった。有償チケットではビジネス料金で指定できるようだが。それともまだ平会員だからか?
    • 1月31日、搭乗の2日前のお昼になるとブロック席が解放される。という情報をもとに座席指定を試みるがダメ。やはり平会員では無理なのか。
    • 2月1日、24時間前になるとオンラインチェックインが完了し、再度座席指定が可能になる。もしかしたら?と期待を込めて再度オンラインチェックインの画面から進み座席指定を見てみると、平会員の私でもファーストクラスの座席指定ができるではないか!ANAさん。1月1日に続き、今年2回目のお年玉ありがとうございます。
    • 4回のアップグレードには、18000マイル×4=72000マイル必要でしたが、おかげで修行がとてつもなく楽しいものに変化しました。アップグレードはできることなら絶対にした方が良いです。18000マイルには代えられない体験が待っています。

f:id:SFC2019_SIN:20190208205805p:plain
Fクラスの足元。バックは足元にすっぽり。上の棚は利用しませんでした。

  • 往路のみ4回のアップグレード
    • なぜ往路ばかり4回もアップグレードをしたのか?であるが、NRT-SINは約7時間、復路は約6時間、復路が1時間長いのは偏西風のせいだが、1時間でも長い方をビジネスに選択した。復路ビジネスだとクリスフライヤーラウンジに入れるが、私はラウンジよりも飛行機に乗っている時間を優先した。
    • 食事の問題もある。往路と復路ではメニューもサービスも異なる。自分に合った食事の時間とスタイル、という点も往路をビジネスに選んだ理由である。
    • 私にはこの修行(NH801便とNH802便)が合っていたと思う。なお、帰りはやはり眠く寝ているだけなのでビジネスクラスへのアップグレードは私にはあまりにももったいない。
  • 所持マイルのSKY COIN交換は失敗だった。
    • SkyCoinに交換せず、すべてアップグレードに利用すれば良かった。と後悔している。10万マイルあれば、18000マイル×5=9万マイルで5回ビジネスクラスへアップグレードできる。8月に1月、2月、3月のチケットを購入したため購入時にすぐにアップグレードを確約することも可能であったはずである。最初の目的が、HND-OKAだったために後になって後悔した次第である。プレミアムエコノミーのチケットを購入する際に、アップグレードがすぐできるかどうかは調べれば分かるらしい。(他のHPで紹介しています。)私と同じように考える方は、是非検討してみてください。
    • 実際に私が行ったアップグレードは4回です。最初のSkyCoin交換がなければ、全工程ビジネスも夢ではありませんでした。今思えば私にはもったいない。と思いまながらも試してみたかった。でも、それよりこのマイルでどこかへ無料航空券で行った方が良かったのか。答えは出ませんね。!

f:id:SFC2019_SIN:20190115185740p:plain
2018年8月に、10万マイルをスカイコインへ交換
(失敗、すべてアップグレードで利用すれば良かった。)

  • お好みのイヤホンは是非あった方がよい。
    • 往路のビジネスクラスでは、パナソニックのヘッドフォンだったが、それでも装着した時の圧迫感は否めない。
    • 復路のプレミアムエコノミーでもヘッドフォンは用意されていたが利用しなかった。
    • 圧迫感がなく、装着感の良いお好みのイヤホンを持参した方がよい。装着感が良く、音質が良いものが良いだろう。
    • 私が購入したのは下記ノイズキャンセルイヤフォン。楽天で4,650円で購入。BOSE並みの音質とノイズキャンセリング効果は期待してはいけない。音質もはいまいち。ノイズキャンセリング効果もいまいち。それでもビジネスのヘッドフォンよりは確実に良かったので今後も利用することにする。因みにいまいちと言ってもノイズの軽減はそれなりに可能である。特に高音側より低音側の航空機ノイズに有効と感じた。

f:id:SFC2019_SIN:20190119173320p:plain
4,650円だったノイズキャンセルイヤフォンを購入した

  • スマートフォン用充電器は不要
    • 往路復路とも飛行機内ではUSB給電用コネクターがあるため、コードさえ持参すれば充電器は不要である。
    • SATS Premier Lounge内でもUSB給電用のコネクターがあった。
    • Anbassador Transit Loungeはチェックするの忘れたので次回に報告する。
    • チャンギ空港内でも椅子などの場所にUSB給電用コネクターが存在する場所はたくさんある。
  • 服装
    • チャンギでは、半袖の人がいっぱいいるが、寒くないのかな?と思うぐらいエアコンが効いているため、日本から長袖を着て行ってもそのままの服装で過ごせる。私のように喫煙する方は外で喫う喫煙所では長袖では暑いが、室内を選べば何の問題もない。
    • 飛行機内も私は長袖ジャケットで往復とも過ごした。仮眠時に寒くなるのでシンガポールに行くといってもあまり薄着で行く必要はない。
    • 何より荷物を多くすると邪魔であるため、バックにしまえる薄手のコート、薄手のセーターで体温調整をした。
    • ジャケットは本来不要であるが、何せひとり旅。貴重品やパスポートは身に着けておくのが海外旅行の鉄則。ジャケットがないと身に着けることがなかなかできないためラウンジといっても仮眠に不安が残る。第1回目の修行では何のトラブルもなかったが、だからと言って油断してはいけない。自分でできる対策は必ずすべきである。トラブルに巻き込まれてしまってからでは遅いのであるから。
  • 健康には気を付ける。
    • 実は、健康に気を付けることが最大の課題です。
    • 半年前にANAのホームページでNRT-SINのプレミアムエコノミーのチケットを購入するとき、変更不可、払い戻し不可のチケットと知りながら購入するのにはやっぱり勇気がいります。この記事を書いている今日は2019年1月31日、もうすぐ3回目の修行が目前です。インフルエンザがかなり流行ってきています。マスクは当たり前。絶対に病気にならないように、そして万が一には予防投与ができるようにタミフルも準備しています。
  • 購入したチケットの一覧

f:id:SFC2019_SIN:20190115185911p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190115185939p:plain
f:id:SFC2019_SIN:20190115190046p:plain
5回分の搭乗リスト(ANAのHPより)

f:id:SFC2019_SIN:20190115190118p:plain
第1回目の修行の詳細(この画面は実はしばらくたってからのもの。申込時は789でしたが途中で77Wに機種が変更されました。申込時は往路もプレエコ。オンラインチェックインもパスポート登録がされていなかったためできない状態だった。)

==========================================

分かったこと(まとめ)

  • モバイル搭乗券、A4印刷搭乗券は、シンガポールタッチ時に利用できるのか?
    • 答えは、Yes。搭乗でもラウンジでも利用できます。
  • 成田で復路の搭乗券を発券できるのか?
    • 答えは、Yes。4回目、5回目、無事発券できました。
  • ANAのHPには、昨年9月(2018年9月)シンガポールチャンギ空港でモバイル搭乗券が利用できるようになりました。とあるが、利用したという記事が探せなかった。本当にそうなのかを実証してきました。
  • 成田でも、シンガポールチャンギ空港でも、モバイル搭乗券、または、A4印刷搭乗券のみで搭乗もラウンジの利用もできました。ただし、モバイル搭乗券の場合には下記の注意が必要です。下記の2種類のQRコードを参照してください。

f:id:SFC2019_SIN:20190114162725p:plain
自動チェックインで送られるメール

f:id:SFC2019_SIN:20190114170132p:plain

自分でHPよりスマートフォンへ送信したメール

上記の画像は、実際に送られてきたメールを加工したものです。
個人情報を削除し、QRコードもこのブログのURLに変更してあります。
比べてみると、

  1. 画面の構成が少し異なる。
  2. ラウンジのインビテーションが自動で送られてくる方には入っているが、自分で送信した方には入っていない。
  3. QRコードが異なる。(掲載時に同じQRコードに変更してあるので、見比べても変わりはありません。)

こんな違いがあります。

そして重大な注意点があります。

  • 自動チェックインで送られてくるメールのモバイル搭乗券は、WiFi、またはモバイルデータ通信が利用できない環境ではQRコードが表示されません。つまり、チャンギ空港で搭乗時にWiFiが確実に利用できる環境が必要です。
  • 自分でHPからスマートフォンに送った搭乗券には、WiFi環境に関係なくメール単体でQRコードが表示され続けます。(こちらの利用がお勧めです。)
  • 3回目、4回目は、自分で印刷したA4搭乗券(オンラインチェックインが可能になると印刷できる搭乗券)を利用し、こちらも成田でも、チャンギでも、搭乗もラウンジも利用可能でした。

これで、今回の最大の目的である、復路の搭乗券の不安が解消されました。

  • 帰りの搭乗券は、トランジットカウンターで搭乗の3時間前にならないともらえない。よって、搭乗券がないとラウンジに入れない。(Priorty Passがあっても)という不安は解消された訳です。

整理すると

  • シンガポールに入国しないで日本に帰国する場合の必須条件は、以下の通りとなる。
  1. 手荷物を預けないこと。
  2. 24時間以内に復路の飛行機の乗ること。
  3. 復路のオンラインチェックインを必ずしておくこと。
  • 私の場合、ANAのHPより直接プレミアムエコノミーのチケットを購入したため問題なくオンラインチェックインができたが、他の方法で購入した場合は分からない。なお、オンラインチェックインするためには必ず、ANAのHPから座席指定やパスポートの登録を行う必要がある。

f:id:SFC2019_SIN:20190118082133p:plain
1回目、チャンギ空港での到着から搭乗までの流れ

==========================================

  • 往路ビジネスクラススタッガード)+復路プレエコ最前列は、もはや修行ではなく快行です。
    • 辛いと思っていたNRT-SINタッチですが辛くはありません。ただ、深夜から翌日にかけての復路は眠いです。
    • 1回目、3回目、4回目、5回目と往路がビジネス(3回目はFクラス)だったのかもしれませんが、私には楽しい時間でした。往路がビジネスだともう修行の域ではありませんね。18000マイルでのアップグレードですが、それ以上に価値があると思います。ビジネスはプレエコの少し上ではなく、遥かに離れた素晴らしすぎる空間です。
    • 2回目、往路6時間の遅延であっても、思い返せば良い思い出です。(往復プレエコ)往路は13時間、隣は大きな外人さん、エコノミーだったら辛すぎる環境でしたが、それほどでもなかったです。UAでNRT-JFKの時の方が辛かった。隣が知り合いでもです。言い換えればプレエコ最前列はそれほど楽です。
    • スタッガードは非日常の贅沢空間です。日頃食べることすらできないヒレステーキが心のこもったサービスで食べられ、かつ、高級なワインと一緒に飲めるのですから。
    • 飛行機の中、意外と寒いです。窓側は更に少し寒い感じです。1~3月にシンガポールへ行く方は、コートこそいりませんが長袖のままで大丈夫です。Tシャツ+短パン=飛行機の毛布だけでは寒すぎます。
  • NRT-SINの単純往復を5回選択した私ですが、回数を重ねるたびに確実に心配事は減ります。しかし回を重ねると最初のワクワク感が少し減ってしまいました。今思えば2回ぐらいは他のルートにするか、時間帯を変えるか、航空会社を変えるか、目的地を変えるかした方が良かったかもしれません。
  • 約半年前に購入したプレエコのチケット(Eクラス)が、昨年暮れの改悪で現在では安く手に入りそうもありませんが、まだまだシンガポールタッチは捨てたもんではありません。体は楽だし、飛行機内も楽しい。チャンギだってまだまだ楽しいところがたくさん探せそうです。
  • ANAを利用したシンガポールタッチの修行のみに限っては、英語はほとんど必要ありません。さすがに一言も話さないで済む。とまでは言いませんが、ANAを利用する限り数少ない単語のみで十分修行はクリアできます。
  • ビジネスクラスは、エコノミー→プレミアムエコノミーの比ではなく、遥かに素晴らしい空間です。
    • 私の場合プレエコではすべて最前列をキープしましたが、足元が広いだけのエコノミーです。ビジネスのワインなどは飲めますが、サービスそのものはエコノミーのままですので、過剰な期待を持ってはいけません。それに比べてアップグレードのビジネスは別世界です。私のように往路NH801便だけでも十分です。可能であれば18000マイルを惜しまずにアップグレードに挑戦してみてください。(2018年12月の改悪でEチケットは高額になってしまいましたが。それでもお勧めです。)
  • プレエコは希望しなければ何のサービスも受けられない可能性があります。食事はエコノミーと一緒でも省がありませんが、デザートやビジネスクラスの飲み物、カップ麺やスープパスタ(1~4回は一風堂ラーメンあり、5回目はスープパスタに変更されていた。復路)などは、CAによるのかどうかわかりませんが、いりますか?と聞かれる時と、聞かれない時がある。確実に希望する場合には自分から希望をしたほうが良い。もちろんサービスの範囲なら断られることはあり得ません。
  • 新品のパスポートに、成田の入出国5回分だけのハンコ。(すべて顔認証ゲート利用後にカウンターでハンコを貰う。)成田の税関もすべてショルダーバック1個、または、お土産袋1個の追加という荷物でも、何の問題もなくあっけなく通過できます。(個人差は否定しません。)修行する人が多いか少ないかはわかりませんが、私の場合には何のトラブルもありませんでした。

==========================================

プロフィール

  • 50代のサラリーマン
  • 通常は年に数回しか飛行機に乗らない
  • 今まではクレジットカードの利用でマイルをゲット。これからはANAで旅行三昧としたいです。
  • 今までの搭乗歴は、ハワイ3回、アメリカ本土1回、中国1回、マレーシア1回、台湾1回、韓国10回以上、国内は全部入れても10回程度(内ビジネスクラスは5往復、国内のプレミアムクラスは経験なし)これに今回のシンガポール5回が追加されます。
  • ANAによるSFC修行のメリットなどについては、このブログでは解説していません。人それぞれ価値観が異なります。私はこのSFC修行に魅力を感じたので行っているにすぎません。なお、SFCとは?などについては他のHPでお調べください。(たくさんのページで解説されています。)

==========================================
考察

  • NRT-SIN 5往復は正解だったのか?
    • 支払った金額 433,300円
    • 利用したマイル 172000マイル(SkyCion10万+アップグレード4回分72000マイル)
    • 5回のシンガポールタッチで利用した現金は0円、航空券代以外に使ったのはANAカードで支払った成田往復の高速バス代とTWGのお土産代だけ。
    • 私は正解だったと思っている。何より安全でトラブルにも強い。雪で6時間遅延しても不安は余りなかった。異なる便だったら相当やばいです。NRT-SINタッチだけでも結構疲れます。土日だけで修行し翌日から通常業務です。OKA-SINタッチは単価的には魅力ですが苦行で私には続けられないです。
  • 最大の失敗は復路の座席を通路側にしなかったこと。トイレを気にするとお酒もあまり飲めなくなる。気づいた時には座席は選べない状態で変更はできなかった。
  • NRT-SINを3月までに3往復、しかも時間帯を変えて成田・羽田乗り比べを再度挑戦するなら選択したい。そして1回はシンガポールに入国し1泊で良いから観光をする。また、4月以降に沖縄プレミアムクラス往復やアシアナビジネスなどの組み合わせで2万PTを貯める。これならブロンズ事前サービスをマイルの増額だけだが受けられる。
  • アシアナビジネスなら、韓国と例えばクアラルンプールに最低1泊はしたい。こんなプランもあると思う。ただし、1人で観光しても意外とつまらないから結局はあまり観光しないかな?因みにエアチャイナは安くても私は選択しない。北京乗り換えと食事の問題を考えるとどうしても選べない。
  • 最後に残った4万マイル。さて、どこに行こう。何に使おう。楽しみがまた広がった。しかも次からはスターアライアンスGOLD会員です。
  • 本当の修行はこれからかもしれません。3/30現在、まだ平会員です。SFC取得が最終目標になっては意味がありません。プラチナ達成後にどれだけ修行の恩恵が受けられるかが勝負ですよね。
  • 最もプラチナの恩恵を受けられるのが、短中距離のエコノミーのツアーでしょうか?短中距離ならエコノミーでも苦ではありません。それでいてラウンジは入れるし、空いていればプレエコにアップもしてくれます。(2019年度限りのようですが)ANA限定の安めのツアーを現在めいいっぱい検討中です。券種に関係なくプレエコに乗れるかもしれませんからね。しかしそれだけではありません。本当の意味での恩恵は座席指定(前方)や無料航空券の取得のしやすさも大きいです。
  • んーーーん。今後は恩恵を受けられると思われる旅行を計画しだしたら、また楽しくなってきた!これって無限ループへの入り口か?本当の意味でのマイレージの罠なのか。また、ワクワクしてきました。

==========================================
SFC申請

f:id:SFC2019_SIN:20190402072554p:plain
祝 2019/4/2 プラチナステータスに変更されました。

2019年4月2日、ANAのホームページもプラチナに変更されました。
もちろん当日中にANAのホームページへログインし、SFCの申し込みも行いました。

SFCカード取得まではこちらのページです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================
SFC(プラチナ)取得後の恩恵はいかに?

  • 5/17 クラブツーリズムの企画するツアー2泊3日で大連へ格安旅行に行ってきました。
  • 7/2 阪急交通社の企画するツアーで2泊4日で再度シンガポールへ行ってきました。
  • 次回の予定は、JTB旅物語の9月発北京3泊4日です。
    • 格安ツアーでどれだけ恩恵を受けられるかが今後のカギとなります。
    • マイルが付かない、付いた、どの旅行会社の何というツアーで・・・
    • また、その時の申請方法の違いや座席指定の違い、当日のカウンターでの戦いなども合わせて紹介していく予定です。

sfc2019-sin.hatenablog.jp

==========================================
2019年1月14日ブログスタートしました。
修正や画像を追加していきながら更新していきます。
よろしくお願いします。
==========================================
jijiのブログへようこそ
お問い合わせは下記のメールアドレスへお願いします。
2019sfc.nrt.sin@gmail.com

真面目なお問い合わせ&このHPにふさわしい内容のみ返事します。
また、内容によってはこのページに問い合わせ内容を記載します。
了承する方のみお問い合わせください。
なお、当然問い合わせいただいたメールアドレスは公開しません。
問い合わせ件数が読めません。返事は遅くなることがあります。
ご了承願います。

プラチナ達成からSFCカードの到着まで

プラチナ達成からSFCカードの到着まで

プラチナ達成からSFCカード+家族用ラウンジカード到着、そしてスーパーフライヤーズのネームタグ到着までを経過を通じて解説します。

 

到着までの経過は以下の通りです。

  1. 2019/03/11 NRT-SIN5往復を完了し5万PT達成。
  2. 2019/04/02 ANAのページがプラチナに変更。
  3.  同日   SFCの申し込み。
  4. 2019/04/08 SFC申込書類が到着、翌日投函。
  5. 2019/04/11 ANAプラチナカードが到着(ブロンズのカードは届かず)
  6. 2019/04/20 待望のSFCカードが到着。
  7.  同日   家族会員のANAページがスーパーフライヤーズに変更。
  8.  同日   家族カードのラウンジカードをSFCデスクに電話で申請。
  9. 2019/04/23 家族用ラウンジカード到着。
  10. 2019/05/23 スーパーフライヤーズのネームタグ到着

2019年4月2日にプラチナ画面に変更になってから、家族用ラウンジカードが届くまでの経過です。最短かどうかは分かりませんが、私の場合3週間ですべての登録が完了しました。

これで、5/17の格安旅行に間に合いました。

終わりだと思いきや、2019/05/23 スーパーフライヤーズのネームタグが到着しました。予想外だったのでちょっと嬉しいです。

==========================================

f:id:SFC2019_SIN:20190312173516p:plain

2019/3/11 NRT-SIN5往復を完了し5万PT達成しました。

f:id:SFC2019_SIN:20190415224450p:plain

2019/4/2 プラチナに画面が変わりました。

f:id:SFC2019_SIN:20190415224927p:plain

デジタルカードにも「GOLD」マークが付きました。

==========================================

2019年4月2日 ステータスがプラチナに変更されました。
これでSFCに申し込めるようになります。
申し込み方法は、ANAホームページにログインして下記の順に進めていくと申し込みのページへ行けます。なお、プラチナ(事前サービスを含む)以下のステータスではこのページにはたどり着けません。

ページの進め方
ANAマイレージクラブ⇒プレミアメンバーサービス⇒スーパーフライヤーズカード

このメッセージが出るまでスクロールして、入会申込書ご請求のページへ進みます。

f:id:SFC2019_SIN:20190421200801p:plain

ANAのページもプラチナに変更されました。

==========================================

f:id:SFC2019_SIN:20190424134252p:plain

「入会申込書ご請求のページ」をクリックして申し込みへと進みます。

==========================================

f:id:SFC2019_SIN:20190409191726p:plain

2019/4/8 SFC申込書類が到着、翌日投函。

記入する内容はとってもシンプル。
VISA GOLD⇒SFC VISA GOLD の場合、カードの番号も変わりません。
家族会員も何名かを書くだけです。

f:id:SFC2019_SIN:20190412183914p:plain

2019/4/11 ANAプラチナカードが到着(ブロンズのカードはなし)

やっぱり、ブロンズカードは届きませんでした。(残念)

f:id:SFC2019_SIN:20190417170359p:plain

2019/4/11 ANAプラチナカードが到着(ブロンズのカードは届きませんでした。)

2019年4月20日 念願のSFCカードが家族カードとともに届きました。

目的達成です。

f:id:SFC2019_SIN:20190424132413p:plain

4/20 SFCカード届きました。目的達成です。

f:id:SFC2019_SIN:20190421200902p:plain

2019/4/20 待望のSFCカードが到着。

f:id:SFC2019_SIN:20190421221306p:plain

家族カードのデジタルカードもSFCに変更されました。

f:id:SFC2019_SIN:20190421201002p:plain

家族カードのANAホームページも、SFCに変更されました。

2019年4月23日 家族カード用のラウンジカードが届きました。羽田や成田はデジタルカードでラウンジ入れるようですが、海外の場合は必要になるときがある。ということで申し込みをしました。(なお、当然ですが無料です。)
これで、私のプラチナカードを含めると最大4名までラウンジに入れます。

f:id:SFC2019_SIN:20190424132258p:plain

4/23 家族カード用のラウンジカードが届きました。

これで、プラチナ達成からSFC申込、家族カード用ラウンジカード到着まですべて終了です。

次からは、このカードを使う番ですね。

当然、お伝えしていきます。・・・

f:id:SFC2019_SIN:20190525094425p:plain

2019/05/23_少し厚手の封筒がANAから届きました。

f:id:SFC2019_SIN:20190525094522p:plain

スーパーフライヤーズのネームタグです。さて、どこに付けようかな?

==========================================

2019年1月~3月にかけて実施したANAプラチナ取得までの修行のページはこちらです。

sfc2019-sin.hatenablog.jp==========================================

SFC取得後の恩恵をチェックしたページはこちらです。

  • 格安ツアーでどれだけ恩恵を受けられるかが今後のカギとなります。
  • マイルが付かない、付いた、どの旅行会社の何というツアーで・・・
  • また、その時の申請方法の違いや座席指定の違い、当日のカウンターでの戦いなども合わせて紹介していく予定です。
    • 7/2 阪急交通社の企画するツアーで2泊4日で再度シンガポールへ行ってきました。
    • 次回の予定は、JTB旅物語の9月発北京3泊4日です。

 sfc2019-sin.hatenablog.jp==========================================

jijiのブログへようこそ
お問い合わせは下記のメールアドレスへお願いします。
2019sfc.nrt.sin@gmail.com

真面目なお問い合わせ&このHPにふさわしい内容のみ返事します。
また、内容によってはこのページに問い合わせ内容を記載します。
了承する方のみお問い合わせください。
なお、当然問い合わせいただいたメールアドレスは公開しません。
問い合わせ件数が読めません。返事は遅くなることがあります。
ご了承願います。